最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

KFCカナダ、「Bitcoin Bucket」を開始

KFCカナダ、「Bitcoin Bucket」を開始
2018年2月5日

Bitcoinでチキンを食べよう!!

 

ファストフードチェーンKFCは昨今の暗号通貨列車に搭乗しており、カナダのお客様はビットコインでチキンの支払いができます。

20CAD(日本円で1,770円 1CAD = 88.5円として)相当のビットコイン(現在は0.002031ビットコイン)で、Bitcoin Bucket」を購入することができます。
これには10個のチキンテンダー、ワッフルフライ、ミディアムサイド、ミディアム・グレービー、ディップ2個。が含まれています。

「私たちはビットコインがどういうものなのかわからないし、どう使われるのかわからない。しかし…」

同社はツイッターで以下のように記しています。
「Bitcoin Bucketは期間限定で、KFC Canadaのウェブサイトからデリバリー用でのみ購入できることは事実です。」

 

また2018年カナダへようこそのページに次のように記載されています。

「ビットコインの浮き沈みにもかかわらず、カーネルのオリジナルのレシピはいつもと同じく素晴らしいです。ビットコインをこのバケツセットと交換して、指をなめてしまうくらい美味しいこの投資に是非参加してください。」

Facebookのライブビデオでビットコインの価格変動の様子をビットコインとからめたジョークなどを踏まえて流しました。

 

“ビットコインが値下がりしています。その代わりにBitcoin Bucketに投資をしましょう。

アルトレシピを避けて、オリジナルレシピに投資を。

 

今は20CAD(日本円で1,770円 1CAD = 88.5円として)のバケツですが、将来はちょっと複雑です。

 

Bitcoin Bucketによる影響は?

 

ソーシャルメディアの反応は様々です。

“このためにバケツを買いにいく。”といった肯定的な意見もあれば

“20ドルのチキンのために40ドル(日本円で3,540円 1CAD = 88.5円として)のお金を誰が払いたがるのか?”といった意見も。

KFCの決済プログラムはBitpayで、先月「現時点のBitcoinネットワーク状況」のために最小請求額を一時的に100USD(10,900円 1USD=109円として)まで引き上げることを余儀なくされました。

 

急騰する手数料や取引の際の待ち時間のため、ビットコインネットワークは、最近の数ヶ月間の商取引や小規模な取引ではほとんど使用できなくなり、bitcoin cashlitecoinethereumrippleなどのライバルの暗号化通貨の流通を作ってしまいました。

その後、Bitpayは最低5USD(545円 1USD=109円として)に最低請求金額が戻りましたが、
「ビットコイン購入者にとって、ビットコインの手数料が高いため、100USD以下の多くの請求書支払いはまだ経済的ではないかもしれない」と警告しています。

 

Bitcoinへの様々な動き

 

Bitpayを使用しているマイクロソフトは、2018年1月の2週目初めに、より安価なビットコインの量を顧客が償還できるようにするために、プロバイダと協力してオンラインストアでビットコインを受け入れて再開しました。

翌日には、翌週にマイアミで開催された人気のあるビットコイン会議が、ビットコインで支払いを受け入れなくなったと発表しました。

北米のBitcoin会議では、「ネットワークの輻輳と手動処理のために、暗号化を使用してチケットの支払いを完了した」と発言しています。

「来年は、規模拡大と世界的な導入が現実のものになるということで、もっと統一されることが望まれます。」
また
その週の木曜日に、韓国の法務大臣が、暗号侵害取引を禁止する法律を準備しているとの発表は、市場を通じて衝撃を与えました。

朴法務大臣は、「法廷で策定された対策の一つである暗号通過の閉鎖に関するコメントは、最終決定では無い」とコメントしています。

 

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*