最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

値動き少の最近のビットコイン、旧正月で大きく変化する!?

値動き少の最近のビットコイン、旧正月で大きく変化する!?
2018年2月19日

ビットコインはすぐに10,000ドルをマークするように見えますが、旧正月がグラフを大きく変化させる可能性があると言う投資家もいます。

中国人と韓国人は新年の祝日(2月15日から)に先んじて、増加した支出を支える金銭的な通貨のためにビットコインを交換することが多く、ビットコインの価格が下落する可能性があります。

最近のチャートを見ていると、ビットコインは9,000ドルを超えることがありません。2月10日以来、ビットコインは8,000〜9,000ドルの狭い範囲に制限されて推移しています。

それでも、過去のデータは、今月のビットコインレポートの利益の可能性が高いことを示しています。

1月は、2012年から2014年の3年間においてビットコインの良い月でしたが、パフォーマンスは2月に混在しました。

しかし、2015年以降、明確なパターンが確立されていて、BTCは1月に下がり、2月には利益を上げます。

今年1月に見られた26%の減少は、2015年以来の2番目に大きい月間の減少でした。過去3年間に見られたパターンによると、仮想通貨の崩壊は今月の利益を見ることができました。

テクニカルチャートを見ると、今日Bitcoinは大幅な反転パターンを見ています。執筆時点では、データソースCoinMarketCapによるとBPIは約8,800ドルで、過去24時間で3.76%の評価を得ていました。

上記のチャート(ビットスタンプあたりの価格)は次のとおりです。

三尊天井からの強気な反転パターン。弱気から強気への変化を示します。

上向きのブレークアウトが確認できます。測定された高さ方法に従って、ブレイクアウトは少なくとも11,000ドルへ向かおうとしています。

歴史的なデータは2月がビットコインの良い月だったことを示していて、短期的な技術的見通しは強気で、BTCは11,000ドルに上昇する可能性もあります。

しかし今週初めに述べたように、$ 10,000マークを超える利益は一時的なものになる可能性があります。

弱気シナリオ:三尊天井のブレークアウトと、それに続く7,625ドル(2月2日の低水準)を下回る1日の終値(UTCによる)で資本化しないと、6,000ドルから5,900ドルへのより深刻な売りが出る可能性があるかもしれません。