最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

イスラエル税務当局、暗号通貨を「通貨」ではなく「資産」と認定

イスラエル税務当局、暗号通貨を「通貨」ではなく「資産」と認定
2018年3月1日

イスラエル政府は、ビットコインや他の暗号通貨を課税対象の一種の財産として扱うことを承認しました。

この告知は、税務当局が暗号通貨を資産であって通貨ではない財貨とみなす過去の兆候を確認し、課税対象と認定しました。当局の立場は、今年1月に公表された草案で初めて詳述されました。

暗号通貨からの利益は、20%から25%のパーセンテージでキャピタルゲイン税の対象となると説明されていますが、企業に関連して暗号通貨のマイニングや取引したりする人は、付加価値税(VAT)に加えてキャピタルゲイン税も発生します。

後者の側面(潜在的な付加価値税の請求から広範な投資家を除外)は、この問題が顕著になって以来、近年見られる傾向がありました。 イスラエル政府は早ければ2013年まで遡って暗号通貨の課税を検討し始めています。

また、この発表は(税務当局からの以前のドラフトを踏まえて)大いに期待されていましたが、職員はまだ業界全体に影響を与え続ける取り組みについて取り組んでいます。

当局の発表は、政府が1月下旬に発表した、ICOに課税する可能性のある方法を概説した別の草案に続くものです。 可能なステップとしては他にも、税金徴収の最低のトークン販売収入の閾値を設定することが含まれます。

各国ではこのように課税対象として、資産として着実に認められていますね。暗号通貨が世界的に見とれられつつある証拠と言えるでしょう。