最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

フィンランド政府が、押収されたビットコインの公開競売を要求

フィンランド政府が、押収されたビットコインの公開競売を要求
2018年3月5日

フィンランド政府は、2月15日に法執行当局が没収する暗号通貨をどのように扱わなければならないかを明らかにする新しいガイドラインを発表しました。

仮想通貨を保管する公的機関は現在、それらを取引所に保管することが禁止され、インターネットからオフラインでアクセスできないようにする必要があるとBloombergの報告書は述べています。

判決は事実上、関与する機関がアクティブなWeb接続を持たない財布を維持すること、すなわちコールド・ストレージ・ソリューションの特定の形式維持する必要があることを意味します。

ブルームバーグによると、ヘルシンキの税務署は、これまでに暗号通貨をどのように保管していたかは明らかにしていません。

ニュースソースによれば、フィンランド当局は現在、税関事務所からのデータによると、2016年以降で没収された約2,000のBTCを保有しているとのことです。

CoinDeskのBitcoin Price Indexによると、今日の価格では2000 BTCは約2300万ドル(2,461,000,000円 $1 = 107円として)に相当します。

2016年にCoinDeskによって報告されたように、フィンランドの税関代理店は、Valhallaと呼ばれるオンライン暗黒市場の運営から、約100万ユーロ相当(131,000,000円 1ユーロ = 131円として)のビットコインおよびその他のアイテムを押収しました。

 

資産処理の必要性

 

新しいガイドラインは、当局が暗号通貨を通貨としてではなく資産として扱わなければならないことを示しています。

ブルームバーグによると、裁判所は資金が所有者に返還されないとの判決を下した後、ユーロと交換する可能性があるという。

この文書では、セキュリティ上の理由から、公開オークションを通じて販売を行うことを推奨しています。

政府は、彼らが没収する暗号通貨の処理の難題に直面しています。アメリカで見られるように、このソリューションは単に一般公開されているだけです。

暗号通貨をどのように保管しているのかは明らかではありませんが、アメリカの当局は、近年押収されたビットコックのオークションは数多く行っています。

最も注目を集めたのはおそらく、現在廃止されている市場であるSilk Roadから奪取された暗号通貨の売却でした。 2014年中頃に開催された売却の1つは、29,656 BTC(投資家Tim Draper氏が獲得)を提供し、2015年10月には44,341 BTCの競売が行われました。

これを合わせると、73,997ビットコインは今日の価格で8億8300万ドル(94,481,000,000円 $1 = 107円として)の価値があります。

押収された仮想通貨はオークションで売られるなんて面白い仕組みですね。

それにしてもすごい量です!それだけ資産を暗号通貨にしている方が多いということですね。