最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

600ドルの詐欺?ホワイトペーパーを偽造する業者も現れる

600ドルの詐欺?ホワイトペーパーを偽造する業者も現れる
2018年3月7日

中国がICOを凍結してから数ヶ月後の今でも、プロのコピーライターは依然として情報の製作を含むホワイトペーパー作成サービスを提供している、と報告書は示唆しています。

中国の人民銀行は、2017年9月に国内ICOを著しく禁止しましたが、「ICO」、「ブロックチェーン」、「ホワイトペーパー」などのキーワードを使用して検索すると、ICOホワイトペーパーのコピーライティング、デザインと資金調達コンサルティングサービスを提供するオンラインストアがAlibabaプラットフォームに数十と見られました。

中国の北京ニュースが発表した記事によると、これらのサービスのいくつかは、ホワイトペーパーの情報を改ざんすることに同意して、疑わしいICOプロジェクトを掘り起こすのに関与している疑いがあるとのことです。

国営のニュースが実施した潜入捜査報告では、ICOのホワイトペーパーのコピーライティングは600ドル(日本円で64,200円 1ドル=107円として)かかりますが、プロジェクトの信頼性について虚偽の主張をしたい人にも適しています。

「我々は、これらのICOチームの教育と専門的な背景を偽ることができます。ハーバード、イェール、スタンフォード、ケンブリッジ、アップル、グーグルなど、肩書きを使用することができるのです。そして、私たちは彼らのプロフィール画像はインターネット上で見分けがつかないと自信を持っています。」とサービスプロバイダーは語ります。

この報告書は、中国政府とその国営メディアが暗号通貨取引やICOを引き続き監視をしていることを示しています。そして、禁止前よりも間接的なチャネルを通じて中国の投資家の間では暗号通貨に対しての関心は活発なままであることも明らかです。