最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

アメリカ都市計画、ICOでトークン化債券を売却する計画へ!!

アメリカ都市計画、ICOでトークン化債券を売却する計画へ!!
2018年3月13日

カリフォルニア州バークレーでは、かなりの連邦政府予算削減問題に直面しており、手頃な価格の住宅などのサービスを提供するために暗号トークンに目を向けています。

Jesse Arreguin市長と役所で働くBen Bartlett氏は、サンフランシスコを拠点とする投資スタートアップNeighborlyと協力して、地方債をマイクロ債券に分割し、それをトークンとして彼らの言う”initial community offering (ICO)”で売る構想を進めています。

「本質的には、私たちはかなりのニーズがあるので、新しい資金調達方法を模索したいと思っています。ここでは、住民の道徳的かつ法的な義務を果たす能力について懸念しています。」

CityLabによれば、Bartlett氏は次のように述べています。

抗うにはコインが必要だ、と。

Bartlett氏とArreguin氏は、債券を分割することで、人々が少額で自分たちが選んだプロジェクトに投資できるようになると述べました。 その一方で、売買プロセスをブロックチェーンに移すことは、取引コストの削減と都市のファイナンスの透明性を意味します。

トークンは基盤となる債券に裏打ちされているため、Bartlett氏は、ICOよりも危険性が低いとも述べています。

同様に、Neighborly CEOのJase Wilson氏は次のように述べています。「バークレーは非常に強く、財政的に訓練された借り手です。」と。

プロジェクトの支援者は、マイクロ債券を売却することによって、手頃な価格の住宅プロジェクトに投資できることを期待していますが、消防署の救急車を購入するなど、より小さなベンチャーからスタートする予定です。 彼らは5月にICOを開催したいと考えています。

この地方自治体のコイン、トークン、どちらでも好きに呼べばいいですが、それが…繁栄の新しい事例を作り出すことを願っています”とBartlett氏は語りました。