最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号通貨(仮想通貨)ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

NYウェルスマネジャーがBitcoinに対してローン発行へ

NYウェルスマネジャーがBitcoinに対してローン発行へ
2018年3月20日

 

仮想通貨は豊富だが現金は少ない?

 

発生したすべてのICOにつき、この言葉に当てはまる多くの起業家がいます。しかし、長期保有を実現可能な資本に変えることができる製品はほとんどありません。

これは、ニューヨーク市に本拠地を置くファミリーオフィスDominion Capitalが新たに設立した子会社の構想です。同社は様々な資産に長い間投資してきましたが、ローンを裏付けることによってプロジェクトに資金を提供することで知られています。

明らかになったように、Dominionは暗号化にも何年も粛々と関わってきましたが、事務局はサービスをその分野に拡大することによって、生まれたばかりの資産の価値を証明する時が来たと考えています。

「コミュニティはこの動きの大きな部分を占めている」とCEOのMikhail Gurevich氏は語ります。「資産が合法であるかどうかのテストの1つは、人々が彼らに対抗する意思があるかどうかである」といいます。

持株力のあるものに進んで賭けている起業家にとって、戦略的な機会があります。基本的に、このサービスは、個人とプロジェクトが直接現金に変換するのではなく、独自の暗号資産(またはサポーターによって投資された資産)のいずれかに対して借用することを可能にします。

このように、Gurevich氏は、このアイデアが最大級のICOのいくつかを引き出すことさえできると考えています。その多くは、流動化が困難な資産で何百万もの資産を調達しています。

Gurevich氏は、「私たちには、担保として暗号通貨を借りるためにICOを調達した数多くの企業がいましたが、そこには10億ドル相当の需要があります」

「Dominionは、製品市場に合った他の通貨への展開を意図して、まず最初にビットコインに対するローンのみを提供するでしょう。」と話しています。

次に、Dominionの新会社は、ローン期間中、担保を保管する予定です。

 

以前の貸し手たち

 

ビットコインに対する貸し付けは新しい考えではなく、暗号通貨貸出の初期の動きは、大きな市場を構築することに成功しませんでした。

公式声明によると、2013年に設立されたBTCJamは、規制上の懸念を理由に2016年に新規のアメリカ顧客を受け入れることをやめ、7月1日に完全に終了することを目指しているといいます。1年後に設立されたBitLendingClubも、2016年後半に終了すると発表しました。

その試みの大半は2013年に開始されましたが、ビットコインの価格が劇的に下落したため、2014年から2015年にかけて消費者市場に大打撃を与えました。

それでも、これらの初期ベンチャーのすべてがなくなったわけではありません。同じ時代のもう一つの会社、ドイツのBitbondは、2017年初頭に120万ドルを稼ぎました。

新しい企業もこの変革を目撃してきました。去年末にICOを運用したSALTは、Shapeshiftの創業者であるErik Voorhees氏のアドバイスの元、暗号資産に対する平等な融資を提供しています。

もう一社にはETHLendがあり、両者とも昨年末のブルームバーグの記事に掲載されています。

それでも、Gurevich氏は、既存の取り組みのいずれも、ユーザーエクスペリエンス、資本、戦略的パートナーの適切な組み合わせを持っていないと主張し、Dominionは新しいベンチャーとしてこの3つを集めることができると考えています。

Gurevich氏は、ドミニオン・キャピタルを戦略のインキュベーターだと考えています。

 

どうやって実現するか?その鍵は…

 

アイデアの実現の鍵は、Dominionが立ち上げ時に提携することを期待しているパートナーです。

確かに、Gurevich氏はこれまでのところ欠けているピースが銀行であることを認めています。 Gurevich氏は、「我々は、これを構築するために戦略的投資家を数多く集めたい」と述べています。

これまでのところ、Dominion氏はすでに最低限の実行可能な製品を構築するために、資金を100万ドル費やしており、製品の開発、ユーザーエクスペリエンスの設計に使用される5百万ドルを調達することを目指して、 チームを雇いました。

チームはベータ版を作成後、大規模なヘッジファンドや公募債を通じた融資を行うために、1億ドルの資金調達を予定しています。

現在の、利回りが枯渇している債務市場では、この種の商品に多くの関心が持たれると思うとGurevich氏は語ります。

まだ何も決まってはいませんが、Gurevich氏は資産価値のおよそ50%を貸し出すことができるはずだと述べました。 担保資産の価値が劇的に低下する場合、マージンコールと同様の条件が整うでしょう。

Gurevich氏は、これは、フィールド全体を正当化するうえで役立つだろうと結論づけています。