最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

コダックがICOで5百万USD調達に成功!!

コダックがICOで5百万USD調達に成功!!
2018年3月27日

コダックの暗号通貨ライセンス契約に関する新しい詳細が浮上しています。

同社の3月15日に発表された2017年の1年次報告書によると、同社はKODAKCoinと関連するデジタル著作権管理プラットフォームを開発しているWENN Digitalによって現金で75万USD(日本円で80,250,000円 1USD = 107円として)の支払いを受ました。

さらに、コダックはWENN普通株式50,000株を受け取りました。報告書によると、125万USD日本円で133,750,000円 1USD = 107円として)の価値がありました。

さらにコダックは、以前報告されたように、(プライベートプレセールが進行中であると言われていますが)まだ未完成のコインの完成後に、300万コダックコインを受け取る予定です。

これらのトークンは、受け取ってから1年後に評価されますが、合計査定額は300万ドル(日本円で321,000,000円 1USD = 107円として)を超えません。

この支払いは、前払いのロイヤルティの一種としてカウントされます、コダックは、

“現金、WENN株式のみなし価値、およびトークンの見積もり価値は、将来の販売ベースのロイヤルティに対抗するための事前ロイヤルティとして役立ちます。事前ロイヤリティは返金されません。事前ロイヤリティが枯渇するまで、将来の販売ベースのロイヤルティ支払は行われません。”

と語っています。

報告書によると、コダックは、コインの総数が1億を超える場合、WENNが発行したトークンの3%を受け取るとしています。

2月初旬、KODAKCoinチームは、ICOの世界的な法規制関心が高まっていることを踏まえ、プロジェクトの支持者は、トークンセールの関連規則への準拠を確認する動きを進めていました。

「このフェーズは数週間続き、投資家にコダックコインを売却しようとしています」とチームは語っています。

先週、KODAKCoinチームは、規制当局が最終的に証券としてトークンを分類するかどうかについて疑問が残っていることを示した「ライトペーパー」をリリースしています。