最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

タイの14の銀行が共同でブロックチェーンプラットフォームの使用に着手。契約はどう変わる?

タイの14の銀行が共同でブロックチェーンプラットフォームの使用に着手。契約はどう変わる?
2018年4月2日

タイの中央銀行は、タイにある14の銀行がタイのブロックチェーン・コミュニティ・イニシアチブを創設するために協力し、タイの中央銀行が共有ブロックチェーンプラットフォームの保証状を電子化すると発表しました。

同国のトップバンクであるバンコク銀行、クルーン・タイ銀行、サイアム・コマーシャル銀行、カシコーン銀行は、すべてLinux FoundationのHyperledger Fabricをテクノロジー・プラットフォームとして活用しています。

Veerathai Santiprabhobタイ銀行総裁は、日経平均の記者会見で「このインフラを共有することで、銀行は自分たちで投資する必要はない」と語りました。

相互運用性は、効率を高め、金融部門のコストを削減し、消費者とビジネス部門のニーズに対応します。

グループのブロックチェーンプラットフォームは、2017年の7月にIBMと協力してKasikornbankによって最初に立ち上げられました。

タイでは、顧客の支払い義務を保証するために銀行が発行する書類である保証書を管理するのに数日かかることがあります。日本経済新聞によると、書類をデジタイズしてブロックチェーンに移すことで、循環交替時間をわずか30分に短縮できるということです。

“タイのブロックチェーン・コミュニティ・イニシアティブは、ビジネス部門にとって、異なる銀行が提供する同じ金融サービスへの接続の複雑さを軽減し、同じブロックチェーン・ネットワーク上でのデータ検証を容易にし、偽造のリスクを軽減する“とThe NationはSantiprabhob新聞社の言葉を引用しました。

このシステムは、タイの中央銀行のサンドボックスで最初にテストされ、国有企業のオークションやその他の国内取引に保証書を発行するために使用されます。

タイで2番目に大きな会社であり国有のエネルギー会社であるタイの発電会社、サイアムセメントグループも参加する予定です。

 

このように、タイではブロックチェーンを使ったシステムが他国より早く普及しています。良いモデルケースを作ってもらい、他国でも早く浸透することに期待したいですね。