最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

オランダの裁判所がビットコインを正当な“譲渡可能価額”と認定

オランダの裁判所がビットコインを正当な“譲渡可能価額”と認定
2018年4月9日

3月20日に公布された裁判所の文書によると、オランダ・ネザーランドの裁判所は、原告の訴えを受け入れ、プライベートカンパニーに0.591 BTCの支払いを命じる判決をした後、ビットコインを“譲渡可能価額”として分類しました。

この請求は2018年2月2日に、原告J.W. de Vries氏が未上場会社であるKoinz Trading BVに対しオランダの裁判所に提出したもので、Midden-Nederlandの下級裁判所が申請者に未払いのままの0.591BTCのマイニング収入を支払うよう命令したものです。

会社がBTCで必要な金額を支払うという義務を遵守しなかった結果、裁判所は、会社が支払うか、または支払不能と宣言するように命令しました。

裁判所判決は、ビットコインが財産権のすべての特性を示していることを明示しているため、財産権の下でBTCを移転する主張は合法ということになります。

裁判所によると、ビットコインは、所有者のコンピューターのハードドライブに保存された、デジタルに暗号化された一連の数字と文字列から存在します。ビットコインは、1つのウォレットから別のウォレットにビットコインを送信することによって配布されます。
ビットコインは支払いの際に支払人が直接受取人に送ります。

また、ビットコインは価値を表し、譲渡することができます。そのため、裁判所の見解ではそれは財産権の特性を示すとし、ビットコインでの支払い請求は、検証の対象となる申し立てとみなされます。

裁判所は、VriesとKoinz Trading BVの間に明白な契約があることを発見しました。BTCの義務が遂行されたことを受け、金額も同じ通貨で返済されるべきであるとしたのです。 裁判所は法的関係として支払う義務とみなしました。

オランダの裁判所は、暗号通貨を通貨として認識するための段階的な措置として講じているかもしれませんが、他の組織にはそのような認識はありません。

G20財務安定委員会(FSB)は、3月20日にFSBが暗号化を通貨ではなく資産にすることを暗示する文書を発表しました。この文書では、暗号通貨が「主権の通貨の特性を欠いている」という点を主張しています。