最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

チリ国営銀行の突然の通知、暗号通貨取引所との連携を解除

チリ国営銀行の突然の通知、暗号通貨取引所との連携を解除
2018年4月11日

地元メディアの報道によると、チリの国有銀行は3つの暗号通貨交換業を営む顧客と一線をひいたとのことです。

チリ国営銀行がOrionx、CryptoMKT、Buda.comに10日以内に口座が閉鎖されると通知した、とEl Mercurio新聞が3月27日に報じました。
この動きは、カナダのScotiabankとブラジルのItaúが3つの取引所の口座を閉鎖した後に行われました。

Estado銀行として広く知られているチリ国営銀行は、3つの取引所に金融サービスを提供している最後の機関だったと、El Mercurioは報告しています。

3つの取引所との取引を停止するという銀行の決断の結果として、取引所は、これ以降広範な金融サービスにアクセスすることができなくなります。
これらの取引所は伝えられるところによれば、国で唯一、伝統的な銀行アカウントを獲得する取引所だったそうです。

銀行はこの動きの理由を明らかにしませんでしたが、以下のように声明を述べています。

“チリ国営銀行は、今のところ、問題や創造、仲介、仲介に専念している企業や、いわゆる暗号通貨のプラットフォームとしての役割を果たしている企業との取引の中止を決断しました。”

チリ国営銀行が関係を断ち切る前でさえ、Buda.comのCEO、Pablo Chavez氏は、「ScotiabankとItauをのぞく、別のフォーマットに移行しなければならない。可能であれば自身のデジタルバンクを開設するのがいいが…」と語っていました。しかし、彼は「そのオプションはあまりにもよくないチョイスだ」と述べていました。

同様に、CryptoMKTのディレクターで共同創業者のMartínJofré氏は、「私たちのスタートアップには、チリ国営銀行の突発事件よりも先立つ銀行オプションが足りなかった」と述べていました。

「それ(銀行オプションの不足)は、顧客が自分のお金や暗号通貨を回復できなかったということを意味するものではありません。もしそうなら、資産は単純にユーザーに返されます。」

対照的に、Orionxは、最後の銀行口座を失うことによる影響を無視して、「El Mercurioに顧客基金は完全に裏付けられており、破産のリスクはない」と伝えています。しかし、この主張を支持する資料には詳細は記載されていません。

チリ国営銀行の決定は、暗号取引所にサービスを提供している世界中の銀行の規制当局が強化している監視の中心事項との一つです。

特に、日本と韓国は、最近、投資家保護、マネーロンダリング防止、顧客ルールに焦点を当てた為替取引に関する規制を強化しています。