最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

暗号通貨エクスチェンジサポートを名乗った詐欺に注意!! By FBI

暗号通貨エクスチェンジサポートを名乗った詐欺に注意!! By FBI
2018年4月11日

米連邦捜査局(FBI)は、消費者は、暗号通貨のエクスチェンジサポートスタッフと名乗る詐欺師に注意するようにと呼びかけました。

同機関のインターネット犯罪苦情センター(IC3)は、3月28日の通知で技術サポート詐欺に関する警告を発し、問題が多く普及してしまっている詐欺の対策に当たると述べています。

同センターは、消費者から約11,000件の苦情の提出があり、2017年の技術サポート詐欺と関連して1,100万ドルを超える損失を計上したと述べました。

FBIの警告によると、犠牲者の損失が数千USDになることを一つの目安として、暗号通貨投資家たちは、多くの詐欺師の共通のターゲットになっています。

このような詐欺行為は、偽のサポート番号がオンラインで掲載され、情報を求めている犠牲者がこの偽情報を見つけることから始まります。

会話中に、詐欺師は、問題が処理される過程で犠牲者に暗号通貨を一時的なウォレットに送るよう指示します。しかし、こういったケースでは、送ってしまった資金は返されません。

「詐欺師の案内するサポートでは、まず被害者に仮想通貨ウォレットへのアクセスと、被害者の仮想通貨をメンテナンス中に一時的に保持するために別の財布に移すよう要求するのです。」とIC3は説明しました。

「そして仮想通貨は被害者に返されることは二度となく、犯罪者は音信不通になります。」

警告は終始、暗号通貨ユーザーからだまし取ろうと狙っている犯罪者はターゲットを探し続けるだろうと強調しています。
しかしこれは新しい現象ではなく、GoogleからFacebookやTwitterに至るまであらゆる人気のあるオンラインプラットフォームが詐欺の導管として使われており、その背後にある企業は暗号通貨サービスやトークン販売の広告を遮断するよう促していました。

実在するかのように偽装されている他の詐欺の中には、メッセージアプリケーションTelegramの継続的なトークン販売のためのトークンを偽って販売しようとしていると行ったウェブサイトの動きが含まれています。