最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

パイロット版ブロックチェーンが変える「ウェストバージニア州議会議員選挙」の投票制度とは

パイロット版ブロックチェーンが変える「ウェストバージニア州議会議員選挙」の投票制度とは
2018年4月13日

ウェストバージニア州は、ブロックチェーン技術を使用したモバイルアプリを使用して軍の不在者投票者の投票制度を試行しています。

ウェストバージニア州国務長官であるMac Warner氏はパイロット版が、ウェストバージニア上院議員選挙の5月8日の選挙で、ハリソン群ともノンガリア群から配置された軍事要員とその扶養家族に対して提案されていると述べました。

このアプリケーションは、不在者住民が投票を行う際に、より安全で匿名の方法を提供すると言われています。

パイロットプロジェクトに関するホワイトペーパーによれば、貸し手の技術的サポートは、オンライン小売大手Overstock.comの子会社であるMedici Venturesから220万ドルを調達した投票技術のスタートアップのVoatzが行うそうです。

Warner氏によると、この動きは、軍の有権者が現行の面倒なシステムで直面したという技術的な障害の結果として生まれたものだそうです。

以前に海外の軍の有権者に提供された不在者投票システムは匿名性を保証しておらず、多くの軍事有権者は、郵送またはファクシミリの投票用紙が間に合わない、または投票数に数えられないと懸念していました。

新しいモバイル投票システムはこれらの懸念を解決すると同ホワイトペーパーは述べています。

Warner氏は、さらに道を踏み出し、パイロット版が成功すれば、11月の2018年の総選挙で州の郡55のすべてに拡大する計画だと語りました。

この取り組みは、ウェストバージニア州下院の立法措置と一致しており、特別な研究グループを形成し、異なる政府サービスのブロックチェーン技術を採用する方法を研究していく予定です。