最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

メキシコにて公共契約の入札を追跡するブロックチェーンのテストを開始へ

メキシコにて公共契約の入札を追跡するブロックチェーンのテストを開始へ
2018年4月16日

メキシコ政府は、ブロックチェーンを使った公的契約の入札を追跡するプロジェクトに取り組んでいると政府当局者が明らかにしました。

Jaliscoで開催された技術会議で、メキシコの全国デジタル戦略コーディネーター、Yolanda Martinez氏は、昨年9月以降から進めているBlockchain HACKMXプロジェクトについて詳しく述べています。

このシステムは当初、大学院生のチームによって開発されました。この設計は、公共サービスを改善するのに役立つブロックチェーンソリューションのコンテストで優勝したものです。

「公的契約にブロックチェーンを適用すれば、政府にサービスを提供する企業が信頼できるかどうかを知ることができるだろう」とMartinez氏はツイートしました。

メキシコのニュースメディア局の討論によれば、この技術は“容易に買収しやすい”という人間の要素を排除し、公開入札プロセスに透明性を導入するということを、Martinez氏は出席者に語ったそうです。

Martinez氏はまた、ブロックチェーンには入札プロセスの記録が保存され、事実の後での監査が可能になると指摘しました。

プロジェクトに関する技術的な詳細はまだ入手できませんが、報告書によると、プロジェクトは最終的に国民に公開される予定で、政府はそれを州や地方自治体の解決策になるとして注目しています。

国連のウェブサイトで7月から入手可能とされる“Blockchain HACKMX”と題されたプレゼンテーションでは、Hyperledger Fabric、bitcoinethereum、Chain、NEMといったネットワークに潜在的にホストする可能性があるさまざまなプラットフォームのメリットを重視しています。

またこのプレゼンテーションでは、ネットワークに参加しているコンピュータは、官公庁、大学、市民社会グループ、民間企業の組み合わせによって運営されることも示しています。

南アフリカの大手建設会社が関与した最近の注目のスキャンダルや、賄賂がEnrique Pena Nieto大統領の政治運動に流入したという主張を受けて、メキシコでは公的契約の腐敗問題に敏感です。

反汚職の非政府組織(NGO)であるトランスペアレンシー・インターナショナルは、腐敗認識指数において、メキシコを180番中135位としています。