最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

工場の安い電力で違法に行われた暗号通貨のマイニングに警察の手が!!

工場の安い電力で違法に行われた暗号通貨のマイニングに警察の手が!!
2018年4月16日

韓国の工業団地で、13社の計14人が安価な電力を使って不法に暗号通貨をマイニングして逮捕されました。

米連邦通信委員会の報道によると、南西部の光州市の4つの複合施設で違法マイニング活動が明らかになりました。

報告では日曜日に発表された光州市警察庁による罪状について焦点を当てています。その罪状は、工場使用に関する規則違反を申し立てているものです。

報告書によると、このような複合施設にマイニング作業をおいている企業は、一般の企業と比較して電気代を10%削減し、賃料も引き下げていました。

同社は、それぞれの施設に100-350のマイニング装置を設置し、2017年5月以来、マイニングを行っていたようです。

Hanam工業団地には6社があり、Nano工業団地とPyeongdong工業団地はそれぞれ3件、Jingok工業団地で1件が発見されました。

本件は、国の公的または事業のエリアで補助電力を違法に使用していたとして暗号通貨採掘者が非難された初めてのケースではありません。

昨年8月、韓国のエレクトロニクス小売市場は、マイニングビットコインから非合法のベンダーを禁止するという異例の処置を取ったと伝えられています。

ソウルに本拠を置く電子商店街のYongsam Marketは、公共料金の増加とその活動に伴う安全リスクを理由にマイニングをすでに禁止しています。