最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

大手エレクトロニクスメーカー「Foxconn」がブロックチェーン携帯を開発

大手エレクトロニクスメーカー「Foxconn」がブロックチェーン携帯を開発
2018年4月18日

台湾のエレクトロニクス大手Foxconnの子会社は、Sirin Labsと協力し、ブロックチェーン携帯を開発するとニュースレポートが報じました。

フィニー(Finney)と呼ばれるアンドロイドベースのスマートフォンは、分散アプリケーション用のアプリケーションストア(dapps)、暗号ウォレット鍵用の安全なストレージ、トークン間の簡単な変換など、暗号通貨の愛好家に魅力的な特別な機能を備えています。

ブルームバーグによると、フィニーは10月に約1,000USDで出荷を開始する予定で、初めは世界中の暗号ホットスポットで展開するために、8店舗で販売される予定です。

SirinのCEOであるMoshe Hogeg氏は、「この携帯は最終的に、携帯キャリア経由で販売されることになるかもしれない」とニュースソースに語りました。

Sirinはさらに「これまでに25,000台以上のフィニーが予約されており、2018年は販売目標を10万台から数百万台としています。」とも述べています。

Sirin Labsは12月に、ICOでこのプロジェクトのために1億7,500万USDを調達しました。

スイスに本社を置く会社は、当時、複数のアプリケーション間での暗号通貨の使用を簡素化できるセキュアなデバイス実現のために、急速に成長している暗号通貨の市場におけるギャップを埋めると語っていました。

ブルームバーグの記事では、物理的なスイッチを介して有効になっている暗号通貨のために、フィニーがハードウェアの安全保証の部分を持つことを示唆しています。

フィニーが持つ技術的アドバンテージを他の電話機メーカーにライセンス供与することで、Sirinはフィニーの価格が後で200USDに下がる可能性があると考えています。