最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

南アフリカの暗号通貨所得のタックスルールとは

南アフリカの暗号通貨所得のタックスルールとは
2018年4月19日

税務当局は「南アフリカの人々は、標準規則の下で、暗号通貨関連の課税所得を申告することができます」と述べました。

声明の中で、南アフリカ歳入庁(SARS)は、今後、暗号通貨のトレード、受け取り、またはマイニングした納税者が利益または損失を申告するとの見通しを説明し、暗号通貨収益は「正常所得税規則」の下で扱われるか、またはキャピタルゲイン税(CGT)の責任を負う可能性があるとしています。

南アフリカ歳入庁と影響を受ける納税者に対する暗号通貨の税制上のガイドラインが既存の税制に含まれているので、独立した解釈指針は今のところ不要と見ているとのことです。

また、「納税者が暗号通貨を受け取りまたは増加した年度には、すべての暗号通貨関連の課税所得を申告する義務があります。そうしなければ、利子や罰金は逃れられません。」とも付け加えました。

ただし、特定の条件の下で、税務報告処理中に暗号通貨の利子または領収書に関連する費用が控除されることがあるとのことです。

この通知は、暗号通貨の人気と投機が盛り上がりを見せていることに政府機関が気付き、発表されたものです。そしてのちに、テクノロジーの税制上の結果についての調査へとつながりました。

結果として暗号通貨は、所得税やキャピタルゲインタックス目的のための「無形資産」として分類されることになったのです。

最終的に、政府機関の見解としては現在、暗号通貨販売に付加価値税(VAT)を適用していないとしています。 2月の2018年の予算見直しにてこの状況は約束されたものとなりました。