最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

シンガポールの財政的支援を強化するためのブロックチェーン計画とは!?

シンガポールの財政的支援を強化するためのブロックチェーン計画とは!?
2018年4月23日

シンガポール政府は、東南アジア諸国の財政的介入を改善するために、ブロックチェーン開発を促進することを検討しています。

シンガポールのHeng Swee Keat財務相は、東南アジア諸国の財務相との会談において、“同地域における財政へのアクセスを改善すべく、ブロックチェーンなどの革新を促進する”という政府の計画を強調しました。

「特に、フィンテックのようなデジタルイノベーションをサポートします。たとえば、基礎となる分散元帳技術によって、安価で安全な取引がしやすくなります。これにより、ASEANの低所得層の財政的介入を促進することができるでしょう。」と述べました。

Heng氏はブロックチェーンイニシアチブの詳細については明らかにしていませんが、東南アジア諸国の政府が金融セクターにおけるブロックチェーン技術の開発と導入に取り掛かってきたことで明らかになっています。

3月下旬の報告によると、シンガポールのインフォコム・メディア開発機構(IMDA)は、地域のブロックチェーン・イノベーションを促進するための政府資金援助のためのブロックチェーン・コンペを開始しました。

一方、近隣諸国のマレーシアも、地域内の銀行サービスを進めるためにブロックチェーン技術の活用に動いています。

マレーシアの中央銀行の副総裁による3月の演説では、同国の9つの銀行が、中央銀行との間で、貿易金融のためのブロックチェーン・パワー・アプリケーションの開発にすでに協力し始めていることを示しました。

同様に、タイのサイアム・コマーシャル・バンクは、クロスボーダー支払いのためのリップルベースのブロックチェーン送金プラットフォームを構築しています。