最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

ブロックチェーンはアメリカの住宅ローン産業を10億USD節約できる!?

ブロックチェーンはアメリカの住宅ローン産業を10億USD節約できる!?
2018年5月1日

Moody’sの新しい報告書によると、ブロックチェーンは住宅ローンプロセスにおけるコストと冗長化の削減に役立つ可能性があるようです。

同社は、新技術による米国の住宅部門への影響を分析する新しいレポートの中で、この技術に触れました。

金融危機以来、数々の革新がさまざまな産業を変えてきましたが、住宅はほとんど手つかずの状態でした。

この事実は、ブロックチェーンアプリケーションが主要な住宅ローンプロセスを合理化し、冗長化を排除し、コストを削減するための大きな可能性があることを暗に示している、と報告書では述べられています。

例えば、ハイテクはローン・パフォーマンスのモニタリングを改善する可能性があると主張しています。住宅ローン保険会社はまず、住宅ローンのライフサイクルの隅々に渡るまで透明性を高め、費用対効果ベースで再保険業者やその他の代替資本提供会社と比較します。そして、個別の住宅ローン信用リスクを適した再保険者に移転することができるとのことです。

さらにこの報告書によれば、ブロックチェーンプラットフォームは必要人員と(それに伴う)手数料を削減する可能性があるため、権原取引の分野では最も特大化されたメリットが得ることができそうです。

コストは10-20%削減されるとみられ、その金額は年間8億4000万USDから17億USDになると見積もられています。

報告書には、住宅部門にブロックチェーン技術を取り入れるためのいくつかのプロジェクトが進行中であることが記されています。また、イリノイ州クック郡およびバーモント州南バーリントン市の関係者が行った権原登録試験についても参照されています。

しかしMoody’sの研究者は、今日の既存のネットワークで与えられた時間に処理できるデータの量については注意が必要だと述べています。

彼らは、現在のブロックチェーン技術の課題の1つは、ブロックのサイズが制限され、テクノロジーを使用するための高いコストから、一定期間内に処理できるトランザクションの数が少ないことだとしています。

ブロックサイズの参照は、著者がビットコインのような公開ネットワークを念頭に置いているようです。

しかし、これは短期的に採用される可能性は低いとされています。

その原因は、スケーラビリティだけでなく、Moody’sの報告書にも強調されている規制上の懸念があるためです。

これに対し規制機関は、これらのソリューションが個々の企業や業界に新たなリスクをもたらさないようにしたいと語っています。