最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

フィリピンの議員、暗号通貨犯罪法案の迅速化を上院に要請!!

フィリピンの議員、暗号通貨犯罪法案の迅速化を上院に要請!!
2018年5月7日

フィリピンの議員は、暗号通貨を含む犯罪に対する罰則を強化する法案の可決・施行に向けてスピードアップを図っています。

フィリピンの野党の上院議員、Leila M. de Lima氏は、立法府の同僚たちに、彼女が以前に提案した法案について迅速に通過させるよう促し、暗号通貨犯罪の罰金を現在よりも増額するように提案しました。

彼女は、匿名性を悪用する犯罪の調査がより困難になっている現状を見据え、3月に法案(SB 1694)を進めました。

しかし、この法案通過を急ぐ呼びかけは逆に詐欺師を焚きつけてしまい、フィリピンで最近起きたビットコイン詐欺事件では、50人以上の住民に9億ペソ(5,000万USD)もの被害が起きたことが明らかになっています。

4月10日のフィリピン国家警察の声明によると、同計画の首謀者とされる、Arnel Ordonio容疑者とその妻Leonady Ordonio容疑者は、投資家を欺いた容疑で逮捕されました。

De Lima氏は、「そのグループが小さいか、大きいかに関わらず、同じ罰が与えられるべきです。誰かが苦労して得た金銭を盗んだ後に逃亡するなんていうことが、簡単にあってはならないのです。」と語っています。

その努力のために、上院議員はまた、彼女が以前に導入した別の法案(959号)を速やかに通過させるように議会に促しています。この法案は、可決されれば、シンジケート詐欺犯罪の対象基準である加害者人数を5人から2人へ下げることになるでしょう。

フィリピンの現在の法的枠組みにおけるシンジケート詐欺は、有罪判決を受けて終身刑または死刑により処罰される5人以上の個人によって行われた詐欺を指しています。