最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

チップメーカー「TSMC」ビットコインのマイニング増加で記録的な売り上げに!!

チップメーカー「TSMC」ビットコインのマイニング増加で記録的な売り上げに!!
2018年5月9日

台湾の半導体製造会社(TSMC)は、2018年第1四半期にかなり成績の良いキャッシュ・フローを発表しました。これは、暗号通貨マイニング・チップの受注増加によるものです。

世界最大の独立系半導体メーカーである同社の株主総会で、同社の第1四半期は前年比6.1%増の2480億台湾ドル(85億USD)の売上高を計上したと発表しました。さらに、当期純利益は890億台湾ドル(約30億USD)で、前年同期比で2.5%の成長を記録したとのことです。

特に、4月10日に提出された財務諸表に基づく3月単体の売上高は、同社の最大の単一月間売上収入を誇る第1四半期の実績(NT $ 1,030億)の41%を占めました。

「これらの結果は、主に暗号通貨のマイニングなどの高性能コンピューティングの強力な需要によってもたらされたものです」とTSMC社のC. C. Wei社長兼最高経営責任者は説明していますが、これに加えて、社長兼CEOのMark Liu氏は次のように述べています。

「第1四半期には、暗号通信による非常に強い需要がありました。 第2四半期には、28mmチップの数字が少量見られますが、残りの売り上げは依然として暗号通貨で非常に多くを占めています。」

第3四半期と第4四半期の売上高は、それぞれ83億2000万USDと92億USDを計上した昨年と同様のパターンを示しています。これはまた、チップメーカーも、暗号通貨マイニングチップに対する需要が高まったことによるものです。

このニュースは、TSMCの顧客であるとされる中国マイニングの大手Bitmainが、4月上旬にイーサリアム専用のASICマイニング機Antminer E3を論争がありながらもリリースした直後に発表されたものです。