最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

Amazon Web Services発表の”ハイパーレジャーとイーサリアムを使用したサービス”でさらに繋がる顧客とネットワーク

Amazon Web Services発表の”ハイパーレジャーとイーサリアムを使用したサービス”でさらに繋がる顧客とネットワーク
2018年5月10日

電子商取引大手のクラウドコンピューティング部門であるAmazon Web Services(AWS)は、イーサリアムとハイパーレジャーファブリックプロトコルのための常識を超えたブロックチェーンネットワークを立ち上げるための新しいサービスを発表しました。

AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏は、4月18日に、新しく利用可能な”テンプレート”についてブログを投稿しました。

“これにより、クライアントがイーサリアム(公的・私的)またはハイパーレジャーファブリック(私的)ネットワークをわずか数クリックするだけで起動できるようになります。”

“このテンプレートは、あなたが丈夫で拡張していく流行の渦(イーサリアムやハイパーレジャーファブリックのネットワーク)へ加わる為に必要なWSリソースを作成・構築してくれます。”

ポストされた記事には、マイニングをサポートするイーサリアムテンプレートの設定、ネットワークメトリクスを提供するEthStatsページ、元帳に入力されたトランザクションスマートコントラクトを表示するEthExplorerツールの詳細な手順が記載されています。

AWSは、Amazonのビジネスの中でも急速に成長している部分であり、売上高は2016年に55%、2017年には43%増加しました。そして、大企業のクラウドコンピューティング部門とは激しい競争を繰り広げています。
これらの競合他社の中には、2015年にイーサリアムのスタートアップConsenSysと提携した時に、ブロックチェーンを“サービス”として提供することに早期の関心を示したMicrosoft Azureも含まれています。

3月に発表されたブルームバーグレポートによると、Googleはクラウドビジネスのブロックチェーンソリューションにも取り組んでいるようです。

AWSは2016年には、ブロックチェーンの新興企業と協力して、関係する企業の専用の技術サポートとインフラストラクチャーを提供することを発表しました。

「今日の金融サービスでは、分散型元帳技術はイノベーションに関するあらゆる議論の最前線にあります。AWSはイノベーションの促進と摩擦のない実験を容易にするために、金融機関やブロックチェーンプロバイダーと協力しています。」と同社は述べています。