最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

カードオペレーター「Discover」がブロックチェーントレードグループに参加!!

カードオペレーター「Discover」がブロックチェーントレードグループに参加!!
2018年5月11日

Discover Financial Servicesは、ブロックチェーン教育と弁護士業に関するグループのミッションを支援するデジタル商工会議所に加わりました。

Discover Cardを運営する同社は実行委員会に正式メンバーとして参加し、世界中のブロックチェーン技術の導入を加速・促進し、教育するという商工会議所の取り組みに加勢すると発表しました。

Discoverの“ペイメント・レール”は185以上の国々に敷かれており、プレスリリースによると、アメリカ最大のカード発行会社の1つになっています。

商工会議所の会長、Perianne Boring氏は、新メンバーを迎えられることに組織は興奮していたと述べ、大きな企業の1つが関与するということはブロックチェーン産業の成熟の兆候であり、プラスの兆しだと思うと付け加えました。

さらに、「Discoverと商工会議所は、code-a-thonでは以前は共同で作業を行っていました。支払い会社はブロックチェーンの世界に関心を寄せ、動きをみせ始めていたので、関係は形成され組織的なものとなっていました。」と語ります。

Discoverはグループの実行委員会の本格的なメンバーとして、業界と政府と協力し、法的にはグレーな領域である、暗号空間の発展を促進していきます。

「ブロックチェーン技術のエコシステムが今日直面している最大の政策課題は、規制の不確実性です。」とBoring氏は述べています。

さらに「米国証券取引委員会から商品先物取引委員会、外国資産管理局まで多数の規制当局が参加しており、これらの規制機関はすべて業界にアプローチしています。ただ、誰が何を司法管轄権にしているかは誰にも分からない状況なのです。」と加えました。

国家レベルの立法府と規制当局は、この問題に折り合いをつける為に、独自のルールを策定しており、アメリカ全体に渡ってつなぎ合わせたシステムを構築しているといます。規制当局の明確化を主張し続けることで、より統一的なアプローチが可能になるでしょうと、Boring氏は指摘します。

「Discoverが会員になることは、コミュニティの強化に役立つでしょう」とBoring氏は述べ、規制された金融機関にこういった公的な方法で関与させることの重要性を切に訴えています。