最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

プエルトリコのハリケーン被害のために開発された保険のブロックチェーンポリシー

プエルトリコのハリケーン被害のために開発された保険のブロックチェーンポリシー
2018年5月16日

保険業界のために特注で作られたブロックチェーン・プロトコルをサポートしている企業が、ハリケーン被害の深刻なプエルトリコの自然災害をカバーするための分散型ポリシーを設計しました。

発表によると、Etheriscはカリブ海の島々の住民にハリケーン被害補償を提供するポリシーを策定するため、地元の2人のイーサリアム開発者からアプローチされたようです。

このポリシーの必要性は、ハリケーン・マリアの被害を受けた多くの中小企業や低所得世帯から生じたものでした。スタートアップによれば、後に、伝統的保険会社の保険金支払いの延期や拒否に直面していたようです。

「その分散プラットフォームでホストされることで、新しいポリシーは保険者と居住者の両方で見られるあらゆる取引をよりクリアにするのと同様に、保険金請求プロセスにおける中間業者をカットすることにより保険料を削減していきます。」とEthericは発表しました。

「組込みのスマートコントラクトを利用するようにすれば、分散型ポリシーは、所定の気象パラメーターに基づいて自動化された保険料支払いを開始できるでしょう。」とチームは述べました。

共同設立者のStephan Karpischek氏はもうすぐ明らかになるローンチについてコメントしました。
「ハリケーン保険は、保険が成し遂げるべき“人々が真の問題を解決し、地域社会のリスクを管理することを支援する“という、当社の信念を具現化した最初の使用例です。」

この新しいポリシーは、Etheriscがブロックチェーン技術を使用して保険業界の効率性と顧客満足度を向上させた最新の調査となりました。

4月20日金曜日のイベントでは、共同設立者のChristoph Mussenbrock氏は、ethereumブロックチェーンで処理されたデータに基づいて遅れが出たときに保険支払いを自動化する、同社が開発した別の製品について語っていました。