最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

米国証券取引委員会が投資家を教育するための偽ICOウェブサイトを開始!!

米国証券取引委員会が投資家を教育するための偽ICOウェブサイトを開始!!
2018年5月30日

米国証券取引委員会(SEC)は、投資家が詐欺的なICOを特定できるようにしたいと考えています。

規制当局は、HoweyCoinと呼ばれる模擬ICOの立ち上げを発表しました。これはおそらく、Howey Testにちなんで名付けられたものです。

しかし、同社はこのICOは本物ではないと述べています。トークンセールに投資しようとするユーザーは、不正なトークンセールのサインに気づくことを目的とした規制当局の教育ツールにリダイレクトされます。

HoweyCoinのウェブサイトによると、ほとんどの旅行企業は、処理、集中化した通貨、そして最も重要なことに、些細なものの最終的には何十億にも昇る手数料を必要としています。

偽のサイトでは、HoweyCoinsはそれらと一線を画するとしています。

HoweyCoinsは、最新の暗号技術を利用して、旅行者がこれらの制限なしにすべてのセグメントを購入できるようにし、HoweyCoinユーザーが摩擦のない環境で売買や取引できるようになります。これにより、HoweyCoinsを使って旅行を手配するか、政府支援として自由で取引可能な投資、あるいはその両方が可能になるのです。

ウェブサイトは投資家が1-2%の収益を受け取り、既存の不正または詐欺的なトークン販売のウェブサイトを模倣して「HODL」(落胆しても売らずに保持する投資行動)をアドバイスすると報告しています。

同サイトには、同様にTwitterでの功績やチームメンバーのリストが掲載されています。しかしそれらのどれかが本当であるかどうかは議論の余地があります。名前にリンクされたソーシャルメディアやプロフィールはないのです。

プレスリリースでは、SECは、投資内容や返品保証について複雑であいまいな説明を含むホワイトペーパー、そして取引において過ぎていく時間を示すカウントダウン・クロックを含んだサイトについても記載しています。

声明の中で、SECの投資家教育擁護室の最高責任者であるOwen Donley氏は、このサイトには、財務上の落とし穴を避けようとする投資家に向けた不正なトークン販売の特徴の多くが組み込まれていると語りました。

「詐欺師は魅力的なウェブサイトを素早く構築し、投資家を偽りの取引に誘導するために複雑な専門用語を並べ立てます。しかしあなたが何を見るべきかわかっていれば、詐欺サイトには大抵、動かぬ証拠となる赤旗(危険信号)があるものなのです」とDonley氏は述べています。