最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

Sberbankが商業用債券を買収し、ブロックチェーンプラットフォームで発行へ

Sberbankが商業用債券を買収し、ブロックチェーンプラットフォームで発行へ
2018年5月30日

ロシアの銀行Sberbank CIBと通信会社のMTSは、ブロックチェーンを使用して行われた同国初の商業債券取引を行いました。

MTSは7月7日、750百万ルーブル(1,211万USD)の商業債券を発行したと発表しました。主要なバイヤーはSberbankであり、モスクワ証券取引所の中央保管庫であるNational Settlement Depository(NSD)によって提供され、Hyperledger Fabric 1.1に基づく独自のブロックチェーンプラットフォームを使用しています。

公表された債券は182日の満期を迎え、年間クーポン・レートは6.8%で、OTC市場に上場されたとのことです。この取引は決済の「配達対支払」(DVP)方式を使用しており、ロシアの法律に準拠しています。

MTSのファイナンス、投資、M&A担当副社長であるAndrey Kamensky氏は、成功したブロックチェーン取引は、証券配置と現金受領からすべての義務の履行までの決済チェーン全体を通じて投資家へと行われたと述べました。

MTSは、取引の透明性を高め、参加者の信頼を高め、取引コストを大幅に削減するという明確な技術メリットがあるため、主に金融市場でブロックチェーンベースのソリューションを継続して使用していく予定です。

ロシア最大の証券取引所の中央保管所であるNSDは、2017年10月にHyperledgerベースの商業債券取引プラットフォームの試用を発表していました。

当時、ロシアのRaiffeisenbankは、携帯電話ネットワークで1,000万USD相当の債券を購入してシステムをテストしていました。

NSDの取締役会長Eddi Astanin氏は次のように述べています。

「SberbankとMTSとの先駆的な取引により、有価証券決済中の機密性とスピードを提供する効率的な産業技術としてのブロックチェーンの地位が確認されました。」