最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

17世紀のマンションがブロックチェーンでオークションされる時代へ!!

17世紀のマンションがブロックチェーンでオークションされる時代へ!!
2018年6月4日

17世紀のイタリアの邸宅がブロックチェーンでオークションされています。

ビバリーヒルズの不動産仲介業者であるHilton & Hylandは、1580年から1616年の間に建てられた大邸宅であるPalazzo Albertoni Spinola内のPalazzettoを競売する為に、ブロックチェーンのスタートアップPropyと提携していると発表しました。

このユネスコの遺産遺跡は、1600年代初期に建築家Giacomo Della Porta氏によって設計され、現在では4,200万USDと評価されています。

ProppyのCEO、Natalia Karayaneva氏は、関係者は6月28日まで、現金か暗号通貨で入札することができると述べました。

Karayaneva氏は、ロックチェーンの不動産アプリケーションがまだ初期段階にあるという事実を考慮しても、オークションはブロックチェーンで歴史的建造物の販売を記録するユニークな機会となると信じています。

これは、2USD相当の価値のものや疑わしいデジタルグッズの移転テストではありません。透明性の欠如が投資家や売り手にとって大幅な悪条件やリスクとなり得る可能性がある、数百万ドルもの規模の取引なのですと述べました。

今後は、彼女はブロックチェーンでの不動産取引をもっと増やしたいと考えており、そのセキュリティと技術の背後にある不変の記録が、バイヤーに安心感を与え、彼らの資金を危険にさらしていないことを証明させることができると指摘しました。

また、ブロックチェーンテクノロジーは、物件取引を自動化することで建物の購買プロセスを効率化し、費用を抑え、住宅所有者に所有権を証明する方法を提供すると考えています。

「今日の不動産購入プロセスは、アメリカにおいてでさえ不透明であり、安全ではありません。闇雲にオファーを準備するという入札の仕組みは非常に操作しやすいものです。支払いと登記簿の登録を自動化するだけでなく、オークションを自動化し、仕組みを提供することも重要ということです。」とKarayaneva氏は語りました。