最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

中国の国務院による迅速なブロックチェーン開発の要請とは

中国の国務院による迅速なブロックチェーン開発の要請とは
2018年6月12日

中国の最高国家行政機関である中華人民共和国国務院は、地方自治体がブロックチェーン技術の開発をスピードアップするよう要請する最高水準の命令を出したことが明らかになりました。

5月4日に国務院が地方自治体に対し初めて出した命令では、広東省パイロット自由貿易区の改革を続けるために必要なさまざまな戦略を扱っています。

焦点となるのは、金融技術の開発を加速することですが、この文書には、既存の規制枠組みの下でのブロックチェーンアプリケーションの開発と実装の調査が含まれています。

2014年に国務院が認可した広東省自由貿易区は、広東省の指定地域であり、香港とマカオと統合してより国際化された自由市場を構築しています。

命令には、自由貿易地域でのブロックチェーンの使用方法と範囲の詳細は含まれていませんが、それにもかかわらず、中央政府がトップレベルの公式文書でブロックチェーンの使用をスケールアップしようとしたのは初めてのことです。

現在、中国の情報技術省が発表したデータによると、広東省には71のブロックチェーンスタートアップがあり、これは中国の業界におけるアクティブな企業の16%を占めています。

しかし、今回初めて中国の中央政府文書にブロックチェーンが持ち込まれたわけではありません。

国務院は、2016年から2020年までの第13次5カ年経済発展計画の中で、情報技術改革戦略の一環としてブロックチェーンの概念を導入しました。

これは、経済改革の一環として考慮すべき多くの新興技術の1つとして最初に言及されたブロックチェーンの出来事でした。