最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

Bitcoin ETF にVanEck・SolidXの2社が参加へ

Bitcoin ETF にVanEck・SolidXの2社が参加へ
2018年6月15日

投資会社VanEckは、金融サービス会社SolidXと提携して、初めてのBitcoin Exchange -Traded-Fund(ETF)を開始しようとしています。

両社は、ビットコインの紛失や盗難に対して保険をかけられた物理的に裏付けされたBitcoin ETF(ビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託)をリストアップすると発表しました。

この契約に基づき、VanEckはETF(投資信託)を販売し、SolidXはスポンサーとして機能すると報じられています。両社はいずれも、以前は様々な証券取引所に対してBitcoin ETFを掲載するために個別に提出していたことを言及しました。

VanEckのCEO、Jan van Eck氏は、ビットコインは投資家のポートフォリオにとって理にかなったデジタルゴールドのような正当な投資オプションだと語りました。

CEOは、ETFがまだ完全に作られていないと述べ、「物理的にサポートされたBitcoin ETFの市場への投入を支援することで、SolidXに参加できることを喜ばしく感じています」と述べています。

ただし、彼はどの資産がファンドの返済に使われるかについての詳細は、明らかにしませんでした。

SolidXもVanEckも、これまでBitcoin ETFのローンチに成功していません。以前に報告されたように、両社は、米国証券取引委員会(SEC)の要請により、製品立ち上げの試みを撤回しました。

Van Eckは、彼らが規制上の障害に直面しているもかかわらず、ファンドの可能性について楽観的な見方を表しています。

私たちは、集合的に、規制プロセスを通じて現在進行中の他のものよりも優れたものを構築すると考えています。

適切に構築された物理的裏付けのあるBitcoin ETFは、ビットコインの価格に影響があるように設計されていて、保険の構成要素はビットコインを供給し保持するときの経営上のリスクから株主を守ることになります。

規制当局の承認を得た場合、新ETFはCBOE BZX Equities Exchangeに追加されることになるでしょう。