最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

IHS Markitが1兆ドル規模のシンジケートローン市場を構築へ

IHS Markitが1兆ドル規模のシンジケートローン市場を構築へ
2018年6月18日

最近の金融界では、現金(法定紙幣)を分散元帳で管理することについての話題であふれていますが、概念や実証を超えて実際に行われている例はほとんどありません。

ただ、この状況はもうすぐ変わるかもしれません。マーケット・インフラストラクチャーの大手IHS Markitがシンジケート・ローン取引の支払いを処理するための新しいブロックチェーン・ベースのシステムを開発しており、最終的には、より広い範囲の金融取引が可能となるとみています。

スマートコントラクトとウォレットのシステムであるStaxは、各取引には独自の回線があり、最速の取引ができるように設計されています。

成功すれば、最大30の異なる銀行が含まれているシンジケートローンの関係者間における、現金調停に関する複雑さと作業負荷を削減することができると見られています。

デジタル資産は様々なカテゴリーに分類することができます。

まず、ビットコインなど、今日では私たちが知っているデジタル資産があります。

ボラティリティと暗号通貨の他のリスクに注意を払う金融プレーヤーがこの業界にとってよりプラスになると期待していることは、中央銀行が自身の取り扱う不換通貨のデジタル版を発行することになるということです。しかし、これは現実になるまでには時間がかかりそうです。

その間に、より実用的な第3のアプローチは、デジタルウォレットを使用して、従来の取引口座に入金された金額の一部をトークン形式で保管することです。

実際、この動きについては、IHS MarkitとStaxが今年の夏に試験段階に入る予定です。

ロンドン支店のマネージング・ディレクター兼製品管理責任者であるJohn Olesky氏は、IHS銀行の顧客は、従来の口座に金銭を紐付けることになると説明しました。

デポジットされた金額は、プライベートネットワーク上のデジタルトークンに変換され、最終的にはデジタルウォレットによって継続的なトランザクションの決済が可能となります。

Olesky氏は次のように述べています。

「私たちは24時間いつでも取引を処理できると信じています。ワイヤーシステムの稼働時間はもはや障壁にならないと考えています。」

 

ローンとその先

 

それ自体で考えると、シンジケートローンは大規模で重要な市場であると言えます(毎年1兆USD以上の発行)。IHS Markitのローン・ソリューション・プラットフォームは、2007年に創設されたもので、ブロックチェーンの発明よりも古く、旧来の金融システム基準ではまだまだ新しいものの分類です。

ただし、他の多くのDLT使用例とは異なり、新しいStaxシステムの目的は、決済をほぼ即時に行うこととは限らず、それを単純にするだけです。

Olesky氏によると、スマートコントラクトは、取引がいつ行われ、現金決済を行う準備がいつできたかを決定するもので、システムは取引のライフサイクルを短縮するものではありません。

システムはシンジケートローンのために20日を要する可能性がありますが、支払う金利を変更しながら一次発行と二次取引を説明するために、ある程度までは計画的に設定されます。

Olesky氏は、これはいつも時間の短縮に関わることということではなく、私たちにとっては仕事を減らすことでもあると語りました。 「もし10段階のうちの7段階へと減らすことができたとしたら、素晴らしいことです」

シンジケートローンはOlesky氏の金融取引専門分野です。彼の以前の仕事はIHS Markitの融資市場戦略を見据えることでした。

しかし、技術者としての彼の視点(彼はコンピュータエンジニアリングのマスターも兼ね備えています)から見ると、ローンはStaxの最初の使用例に過ぎません。

「私たちはこれを一般的な方法で構築しており、すでに取引所と面会をし、デリバティブやその他の資産クラスについて話してきました。」と彼は言います。

しかし、Staxが最終的にあらゆる種類の支払いを行うためには、スマートコントラクトに変更を加える必要があります。

たとえば、他の取引や条件に対処するために、また通貨が分けられる可能性があるという点からユーザーがウォレット内でどのように管理しているかに対応するために、微調整しなければならないでしょう。

それにもかかわらず、Staxの基本的な支払い経路は他の場所にも適用できるとOlesky氏は語りました。

「インフラストラクチャの残りの部分は、許可されたトークン化に基づいたあらゆるタイプの支払いに対して機能する」と同氏は語りました。

「クロスカレンシースワップのような非常に一般的なものをイメージしてください。それがちょうどあなたがデジタルウォレットと照合しなければならない現金義務のリストのようなものです。」

 

実用性について

 

IHS MarkitはStaxと実践的なアプローチをとっています。ネットワークは既に設置されており、すべての参加者がノードを操作する必要はありません。小規模な発動機とテクノロジーに精通していない使用者のためのノードはプラットフォームが所有することができます。

Olesky氏は、ほとんどの企業が生産ブロックチェーンやノードを運用していないと指摘しており、この取り決めは多くの人々が技術について学ぶのに便利な方法となるだろうと述べています。

「これは十分に吟味した結果であり、初めて使用するには十分な具体性があります。そして、彼らは技術との相互作用について学んでいくことになり、親しみやすいアイテムへと成長していくことができるでしょう。」と述べました

Olesky氏はテストの最初の段階でノードを取得する大手の名前を挙げませんでしたが、理論的候補は、最近Quorumでトークン化された現金を使って1億5000万ドルのYankee預金証書をテストしたJP Morganでしょう。

実際に、Olesky氏のエンジニアはQuorumを構築してきましたし、JP Morganから作業チームと強い結びつきを持っています。 (銀行はコメントを求める電話に対して即時の返答は避けています)

テスト段階を超えて、Olesky氏はプロダクションバージョンの正確な時期を提示するには早かったと述べていました。「プラットフォームは今から一年以上前に準備ができていますが、プロダクションローンチにはテストを含めて大体一年はかかると考えています。」

さらなる未来には、潜在的な使用例がもう1つあります。

通貨を他のものに転換する必要性を取り除き、摩擦のない方法で資金を回すために、大きな企業がどのようにデジタルトークンを内部的に使用するかについて、後にいくつかの不便がありました。グローバル保険会社のAllianzは最近、現金を移動し、各国の子会社間での通貨換算を取り除くための内部トークンシステムを実験していたことを明らかにしました。一方で、エネルギー大手BPも内部トークンのテストを行っています。

そのため、「Staxのブロックチェーン技術は、他の大企業の決済システムにも使うことができるでしょうか?」との質問に、Olesky氏は次のように返答しています。

“私たちは世界の大手銀行の一つとの強いつながりを持っていて、しかもそこは数千ある内部銀行口座を管理するのに私たちのインフラの潜在的な使用について質問してきています。なので、あなたのその寸評は滑稽ですね。”