最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

バーレーンがブロックチェーンを使用して車両のデータストレージコストを削減へ

バーレーンがブロックチェーンを使用して車両のデータストレージコストを削減へ
2018年6月26日

バーレーン王国は、国の車両登録データの整備コストを削減するため、ブロックチェーンの採用に目を付けています。

バーレーン交通総局(GDT)は5月10日に、同国にブロックチェーンベースの車両登録システムを開発する新しい計画を発表し、現在、システムの設計と実装に専念する技術パートナーを探しています。

GDTのShaikh Abdulrahman bin Abdulwahab Al Khalifa局長は声明で、

「この登録は、重要な車両情報を維持管理するための全体的なコストを削減し、サプライチェーン管理の効率を高め、車両登録エコシステムのすべてのステークホルダーにとって高い透明性を確保する重要な進歩となるでしょう。」

同国の王子が支持するGateway Gulf Forumにて発表されたGDTのこの施策は、バーレーン政府が民間セクターとのパートナーシップを通じて高度な技術を提供することを目的とした計画の一環として行われています。

実際に、中東の国ではすでに、主要な金融機関が潜在的なブロックチェーンイニシアチブを追求されてきました。バーレーンに拠点を置くアラブ・バンキング・コーポレーションは、2017年8月に報告されたように、顧客に更なるサービスを提供するために、R3分配元帳コンソーシアムに参加していました。

また昨年、バーレーン政府は、地元の報道によると、シンガポールの通貨当局との意見交換を開始し、国家ブロックチェーンパイロットの配備を見込んだアドバイスを求めました。

バーレーン経済発展局の最高経営責任者であるKhalid Al Rumaihi氏は、「国家規模でブロックチェーンが受け入れられるということは、バーレーンがこの分野のパイオニアとして脚光を浴びる大きなチャンスです。」と述べました。