最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

オーストラリアの証券ウォッチドッグ、欺瞞的ICOを停止へ

オーストラリアの証券ウォッチドッグ、欺瞞的ICOを停止へ
2018年7月9日

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、ICO市場における詐欺に目を光らせていると発表しました。

当局は5月1日に公表された声明で、「ICO発行者とその顧問に対し、誤解を招くまたは欺く可能性のある行為や声明を特定した場合には照会を行う」と述べました。

さらに、証券監督当局は、ICO発行者が無許可の活動の場合は、それを停止する場合もあることを示唆しました。

当社の調査の結果、一部の発行元はICOを停止したか、またはICO構造が変更されるとASICは開示しました。それは、政府機関の行動に照らしてどれだけのトークンの販売が取り消されたのか、または変更されたかどうかは明らかになってはいません。

ASICのJohn Price長官は以下のように説明しました:

「もしもあなたが他人のお金を使って活動している場合や、誰かに何かを売っている場合は、義務が発生します。ICOの構造にかかわらず、法律として、製品に関する誤解を招くまたは欺瞞的な発言をすることはできません。このセクターが発展するにつれ、これは私たちにとって重要な焦点になるでしょう。」

この動きはおそらく予想されていました。Price長官は4月27日にトークンの売り上げについて語り、オーストラリア投資家をターゲットとする海外のICOに焦点を当てる意向を表明しました。

オーストラリアの消費者に証券やトークンを発行することなど、ビジネスをしてオーストラリア人に何かを売っているなら、オーストラリアの法律は適用される可能性があると述べました。

ASICは、このような販売の背後にある企業がオーストラリアの法律を遵守しているかどうかを調べることで、ICOマーケティングの普及している側面やホワイトペーパーを綿密に調べるだろうと、5月1日の声明で述べました。

最近の一例では、ASICは、ICOの構造、提供者の地位、ホワイトペーパーの開示など、基本的な懸念事項を特定した投資家を保護するための行動をとっていると政府機関は説明しました。