最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

ブロックチェーンアイランドになるための計画@マルタ共和国

ブロックチェーンアイランドになるための計画@マルタ共和国
2018年7月19日

マルタは「ブロックチェーンアイランド」になるための重要な一歩を踏み出しました。

マルタの国会議員であり、金融​​サービス、デジタル経済、イノベーションを担当する代議士であり政務官でもあるSilvio Schembri氏によって6月26日に発表されたこの諸島国家の議会で、暗号通貨・ブロックチェーンおよび分散元帳技術(DLT)に関する3つの法案が可決されました。

これは、世界の最初の管轄区域の1つであり、技術に関する特定の法律を可決したものです。

このニュースは“世界初”と言われており、3つ全ての法案を議会に紹介したSchembri氏は以下のようにツイートしています。

 

 

法案(43,44,45)は「革新的技術整備およびサービス法」、「バーチャル金融資産法」「マルタデジタルイノベーションオーソリティ法」と名付けられました。

法案は今や可決され、マルタ政府がブロックチェーンをより良く受け入れ、国際的な暗号通貨ビジネスの拠点になるという目標の手助けとこの法案がなることを期待しています。

例えば法案45は、マルタのブロックチェーン産業の促進と発展を担当するマルタデジタルイノベーション局の創設に貢献しています。

この措置はまた、ICOの規制を規定し、暗号スペース内のデジタルイノベーション局の規制権限を設定しました。

彼のツイートで、Schembr氏はまた、Stephen McCarthy氏(住宅局の元CEO)が新しい最高経営責任者に任命されたことを明らかにしました。

これまでに報道されていたように、この独立国家の政府は、これまでのバイナンスやOKExなどの有名な取引所を含むたくさんの暗号通貨ビジネスの国内開業の牽引など、ブロックチェーン技術への友好的な対応で知られています。