最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

香港のブロックチェーン貿易金融プラットフォームが9月までには稼動開始へ

香港のブロックチェーン貿易金融プラットフォームが9月までには稼動開始へ
2018年7月26日

中国の自治区の事実上の中央銀行である香港通貨当局(HKMA)は、2ヶ月以内にライブブロックチェーンの貿易金融プラットフォームを開始する予定であることを発表しました。

「この貿易金融プラットフォームは、香港の7つの銀行が開始したブロックチェーン・プロジェクトです。プロジェクトはHKMAによって促進され、2018年9月までのローンチを目標としています。」と当局は電子メールで語りました。

Financial Times紙の報道によると、HKMAのブロックチェーンプラットフォームにはHSBCとスタンダードチャータード銀行を含む21の銀行がノードとして参加しています。

このプロジェクトは2017年の初めから公開されており、金融機関間のデータ共有に透明性をもたらすために、いくつかの銀行がHKMAと共に貿易金融プラットフォームのテストを完了したと報告が入っています。

当時の参加者には、HKMA、中国銀行、東アジア銀行、ハンセン銀行、HSBC、スタンダードチャータード銀行があり、コンサルティング会社デロイトがプロジェクトのファシリテーターとして参加していました。

「プラットフォームの目的は、貿易金融と二重資金調達に関連する詐欺を減らすことであり、結果的に与信の可用性が高まり、長期的には資金調達コストを低くすることができます。これにより、中小企業(SME)が貿易融資にアクセスしやすくなるかもしれない」とHKMAは7月なかばに述べています。

電子メールによると、他の機関もプラットフォームに関心を示しているとされ、HKMAは今後さらに多くの銀行が徐々に加わることを期待していると見られています。

そして、これが実行されれば、HKMAプロジェクトは、政府機関に支援された最初のライブブロックチェーン貿易金融プラットフォームとなります。

今月初めにヨーロッパの銀行グループは、IBMの助けを借りてWe.Tradeと呼ばれる貿易金融ブロックチェーンプラットフォームを稼動すると発表しました。

一方、HKMAはシンガポールのカウンターパートと協力して、国境を越えた取引を解決するブロックチェーンベースの貿易金融ネットワークを開発しています。 この2つのパートナーのネットワークのリリースは、2019年初頭に予定しています。