最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

警察はFIFAギャンブルの犯罪取締として暗号通貨で150万ドルを獲得へ

警察はFIFAギャンブルの犯罪取締として暗号通貨で150万ドルを獲得へ
2018年7月30日

中国の地方警察当局は、2018年のFIFAワールドカップでのギャンブルの取り締まりの一環として、150万ドル以上の暗号通貨を押収しました。

7月11日の中国の国営メディアである新華社の報道によると、ユーザーを引き込むためにビットコインイーサリアムライトコインを含む国際的に認知された暗号通貨を受け入れるとの広告とともに、無名のギャンブルプラットフォームの存在に当局が5月に最初に気づいたとのことです。

メディアによると、すぐに調査は開始されました。

その結果、特別調査チームは、海外に拠点を置くサイトが暗号通貨支払いを備えた従来のオンラインギャンブルモデルを利用していることを発見しました。

新華社通信は、規制の抜け穴を挙げ、暗号通貨を使って収入を隠すことで利益を確保することができたといいます。8カ月の間に333,000人のユーザーがこのサイトを使用したと言われており、取引額は少なくとも15億ドルと見積もられていると言われています。

現在、当局は6ヵ所の組織を逮捕し、150万ドル相当の暗号通貨、75万ドルの人民元預金を銀行口座から押収しました。

広東省の警察当局者は、オンラインサッカーのギャンブルを打ち切り、サッカーファンが「合理的かつ意識的に」ゲームを見られるよう、タスクフォースが引き続き「集中的な注意を払う」ことに努めると述べました。