最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

韓国政府、食品・畜産物の認証にブロックチェーン技術を導入か

韓国政府、食品・畜産物の認証にブロックチェーン技術を導入か
2018年8月2日

 

Waltonchainと韓国食品畜産広報センターがパートナーシップを締結

 

パブリックブロックチェーンネットワークを用いたIOT開発会社Walton Chainは、韓国食品畜産広報センターと戦略的パートナーシップを締結しました。

これは、農業と食品流通分野におけるブロックチェーンの使用を増やしていくことを目的としています。

韓国食品畜産広報センターは2017年3月に韓国民衆党の代議士Jung In-hwa氏の主導のもと、農家と畜産家の保護を目的として設立された公社です。

そして今回、2018年7月17日、Waltonchainは韓国国会でのブロックチェーン企業促進協会の設立会議に出席し、韓国食品畜産広報センターとの合意にサインしたことを発表しました。

しかし、Waltonchainは今後の取引やWaltonchainと政府の協力に関して追加情報は未だ公開していません。

 

韓国の仮想通貨企業への追い風

 

韓国政府が支援する農業・畜産関連の組織とブロックチェーン企業が提携した初めての出来事だったため、このパートナーシップは韓国では大ニュースとなりました。

この合意をきっかけとして、暗号通貨に対して後ろ向きだった韓国にブロックチェーン企業およびスタートアップの追い風となるような法規制がされるのではとまで予想されています。

7月初旬には、地元新聞が「ブロックチェーン技術産業の分類調整のために、韓国の金融法規の有識者が法規制の下書きを始めた」と報じていました。

また、韓国のアナリストによると「政府はこの夏までに暗号通貨法規の下書きの最新版の作成を終え、2018年末までの統一を想定している」とされています。

 

韓国におけるブロックチェーンの産業分類

 

韓国の統計庁は韓国標準産業分類において韓国のブロックチェーン企業が9つの産業に分類されることを明らかにしました。

 

・ブロックチェーンゲームソフトウェア開発

・ブロックチェーンモバイルゲームソフトウェア開発

・ブロックチェーンソフトウェアシステム開発

・ブロックチェーンアプリケーション開発

・ブロックチェーンコンピュータープログラムサービス

・ブロックチェーンシステムプロバイダー

・ブロックチェーンホスティングサービスプロバイダー

・ブロックチェーン電子通貨交換所

・ブロックチェーン情報サービス業者

 

Waltonchainと韓国食品畜産広報センターは、製品の分布・認証のためのブロックチェーンベースのプラットフォームと、Waltonchainネットワーク上のDapp(分散型アプリケーション)を構築する予定で、これは上記の分類では第4のカテゴリであるブロックチェーンアプリケーション開発に該当するものです。

 

IoTとブロックチェーンは韓国の未来へとひろがっていく

 

韓国の識者は「ブロックチェーン企業・スタートアップの合法化によって韓国のDappsの開発と進化、ブロックチェーンエコシステムの改善が活性化する」と主張してきました。

今後数か月で、さらなる大企業や政府が支援する企業が主要産業へブロックチェーン技術を応用するためにパブリックブロックチェーンやプライベートブロックチェーンの企業と協力関係を締結するとみられています。

韓国政府はアメリカや日本の経済と同じく、ブロックチェーン・IoTそしてAIといった技術を、次の産業革命をリードする可能性を持つ重要なテクノロジーだと位置づけています。

Moon Jae-in大統領もその重要性を大統領選で語っていました。

WaltonchainのVIoT(Value Internet of Things)ネットワークによって、企業はブロックチェーン上で取引・運送・製造の情報を統合できるようになります。

ブロックチェーンは過大評価されているのでは、という疑いの目もありますが、今回のネットワークの利便性は、情報に関する問題の解決を期待している企業へのアピールになるでしょう。