最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

インドの州政府とMahindraが「ブロックチェーン地区」を建設

インドの州政府とMahindraが「ブロックチェーン地区」を建設
2018年8月21日

インドの州政府は、ブロックチェーンを専門とする地区を州都に建設すべく大手多国籍ITサービス会社と協力中です。

Telangana州政府のIT部門は、インドに本部を持つ上場企業であるTech Mahindraとの了解覚書(MoU)に署名し、この2者によるチームで国の最初の「ブロックチェーン地区」を目指します。

エコノミック・タイムズは、このブロックチェーン地区計画がハイデラバード州(州都)のエリアを占有し、技術開発の進展を促す政府の動きの一環として、インドのブロックチェーン・スタートアップを生み出すことになるだろうと報告しました。

また、ビジネスニュースメディアInc24によると、州政府は、新しい地区のインフラストラクチャーを構築し、ブロックチェーンのスタートアップのために政策と規制によるバックアップを行うとしています。

一方のTech Mahindraは、ブロックチェーンのエコシステムと技術スキルに焦点を当てた専門知識を提供します。

発表によるとTech Mahindraは、Eleven01プロトコルと呼ばれる、国内の新興企業のために作られたブロックチェーンプラットフォームの開発にも取り組んでいます。

これまで報告されていたように、この大手IT企業は海外のブロックチェーンの新興企業と協力して、インド市場にソリューションを提供してきました。

今回のブロックチェーン地区は、インドの週による取り組みの中で最も新しいものです。加えて、政治的後押しのイニシアチブを以ってブロックチェーン開発を進めるという、とても意味のあるものと言えるでしょう。

また、Telanganaの近隣のAndhra Pradesh州は、州のフィンテックバレーであるVizagの新構想の一環として、ブロックチェーン・エコシステムの開発を開始するファンドとの契約を結んだことも明らかになっています。

一方、Andhra PradeshとTelanganaは、土地登記簿をデジタルで再加工するためのブロックチェーン技術も検討していると見られています。