最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

地裁が韓国ブロックチェーン法研究会を設立へ

地裁が韓国ブロックチェーン法研究会を設立へ
2018年9月3日

韓国の裁判官、議員、業界専門家らは、ブロックチェーン技術を取り巻く法的問題について議論することを目的とした新しいグループを形成しました。

Blockchain Law Societyと呼ばれるこのグループは、ソウル中央地方裁判所において、すでに8月24日に設立会議を開催しています。この会議では、ブロックチェーンに関する規制上の問題と、法的枠組みにおける技術の活用方法についての議論が行われました。

8月20日に発表されたプレスリリースによると、このグループは、デジョン市の地裁の裁判官であるイ・ヨンヨプ氏によって、同組織社会の他の分野と同様に、同国の司法と立法措置を含めた対話環境を育てるための業界主導のイニシアティブとして設立されています。

また、法的側面からのブロックチェーン技術の研究だけではなく、経済、コンピューターエンジニアリング、現場ビジネスなどの多様な分野にまたがる提携を促進することも意図していることも合わせて発表されました。

創業時に取り上げられる最初の話題には、会計および税制におけるブロックチェーンの使用法、スマートコントラクトの使用に起因する法的問題、ブロックチェーン法の研究、ブロックチェーンのスタートアップの規制サンドボックスなどがあります。

このグループは、国の議員や規制当局によって、暗号通貨、ブロックチェーン、トークン販売に関する多数の法律上の動きが開発されていると報じられたのと同じ頃に明らかになりました。

しかし韓国政府は、財務的・技術的資源を持つ様々なアプリケーションのブロックチェーン開発を支援するというコミットメントを掲げ、その達成に賭けています。