最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号通貨(仮想通貨)ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

ロシアの大手航空会社が飛行機の給油プロセスを追跡するためのブロックチェーンをテスト開始

ロシアの大手航空会社が飛行機の給油プロセスを追跡するためのブロックチェーンをテスト開始
2018年9月13日

ロシア大手航空会社であるS7は、飛行機の給油プロセスに関連するデータや書類を追跡するブロックチェーンベースのアプリケーショのテストを開始しました。

8月27日のリリースによると、この航空会社は、Tolmachevo国際空港に拠点を置く国内線であり、燃料供給業者Gazpromneft-Aero、ロシア最大の民間銀行であるAlfa-Bankと連携したアプリケーションを試行したとのことです。

S7によれば、アプリケーションは共有元帳の燃料需要に関するデータを共有し、そのコピーは3者のそれぞれによって管理されます。さらに、燃料の支払いについては各転売中にスマートコントラクトによって作成されたデジタル請求書を元にネットワーク上で行うことができます。

このプロジェクトの目標は、「事前支払いと銀行保証を必要とせずに」取引のスピードを上げることです。

航空会社は発表した声明において、同技術が「多数の手動操作」を排除するにつれて、プロセス全体が「60秒」を要したと付け加えました。

これは、銀行、航空会社、燃料供給業者の3者間の自動取引業務です。

情報技術担当副社長のPavel Voronin氏は事前に定められた規則に従って航空機に燃料を供給した事実に基づいて、照合と損失処理が行われたと述べました。

この試みは、航空会社のビジネスへの可能性のあるアプリケーションのブロックチェーンへの模索に対するS7の最新の取り組みのテストです。

これまでの取り組みでいうと、2017年7月に報道があった通り、S7は、Alfa-Bankとのパートナーシップの一環として、イーサリアムブロックチェーンを通じての旅客券の発行をし始めています。