最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

ブロックチェーン就職希望者のための移民を受け入れると香港政府が発表

ブロックチェーン就職希望者のための移民を受け入れると香港政府が発表
2018年9月25日

香港は、特殊な移民政策を通じてブロックチェーンを含む革新的技術を専門とする世界的な才能を募集しています。

香港政府は8月末に、ブロックチェーン分野においてQMAS(優秀人材入境計画)を申請する人の中で、11の職種リストに対しボーナスマークを受け取る資格を与えたことを発表しました。該当職種の一部として、人工知能、ロボット工学、分散型台帳技術、バイオメトリック技術、産業化学工学などのイノベーションとテクノロジーの専門家があげられています。

QMASは2006年に開始された、優秀な応募者が中国の特別行政区に入居して働けるようにするプログラムです。

同プログラムを説明する記述によれば、このスキームは定員制の応募制度であり、香港の経済競争力を強化するために、高度で熟練した技術を持つ人材を香港に定着させることを目指したものです。

スキームの選択プロセスでは、2つのポイントベースのテストのいずれかによってポイントを獲得する以前に、複数の前提条件を満たす必要があります。2つのポイントベースのテストとは、一般的なポイントテストとアチーブメントベースのポイントテスト。このポイントは、毎年他の応募者を交えた再評価のためにも使用されます。

「リストの下でそれぞれの職業の項目を満たしている申請者は、QMASの一般試験の下でボーナスマークが与えられます。」と同政府は発表しました。

技術革新と技術分野で資格を得るためには、ブロックチェーンの専門家は、金融サービスにおけるブロックチェーンの適用方法に関する知識において、著名な企業での学士以上の学位を保持する必要があります。

この取り組みは、ブロックチェーンを導入することによって、香港政府が金融技術の競争力を高めるために導入されました。

香港の通貨当局は、事実上の中央銀行として、地域のいくつかの銀行間で分散帳簿ネットワークを展開し、貿易金融取引を円滑に進める予定です。