最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

イーサリアムエナジープロジェクトが10都市で700世帯に電力供給へ

イーサリアムエナジープロジェクトが10都市で700世帯に電力供給へ
2018年11月22日

「Lition」と呼ばれるまだあまり知られていないイーサリアムプロジェクトは、ドイツ市民が安くエネルギーを使用できるようにサポートしています。

今年初めに発売されたLitionは、ドイツのライセンスを取得したエネルギー供給業者であり、現在は地方のエネルギー市場を利用している12の主要都市(ベルリン・ハンブルク・ミュンヘンを含む)の顧客を抱えています。イーサリアムブロックチェーンの上に構築されたLition市場は、消費者を大小のエネルギー生産者と直接結びつけることができます。

同社によると、ドイツ全土の700以上の世帯が、分散型プラットフォームを使ってエネルギーを購入しています。

要するに、Litionは、世界のエネルギーの仕組み自体を変えようとしています。これは、「不必要な仲介者を迂回してエネルギーを節約する」というシンプルなものです。

一般家庭の場合、エネルギー供給業者は、太陽エネルギーまたは電気エネルギーを多国籍企業の仲介業者に販売しています。顧客はその仲介者からエネルギーを購入します。

問題は、これらの多国籍企業の仲介者があまりにも巨大な影響力を持ち、LitionのCEO Richard Lohwasser氏の目 から見ると、購入できるエネルギーの種類を購入者自身が十分に選択出来ていないのが現状です。

そのため、Lition社の解決策は、それらを完全にカットすることです。

同氏は、「我々のエネルギー取引所は顧客と生産者を直接結びつけ、生産者はその取引所にエネルギーを入れ、顧客はそれを購入することができる。」と語りました。

通常、生産者から直接購入するのは、大企業であるエネルギー供給業者に限られています。ですが、Litionでは、交換を消費者にもたらしているので、消費者は自分が望むエネルギーを選ぶことができます。

仲介人を切り抜くことで、コストも削減されます。 Lition社によれば、これにより、顧客は電力料金が平均で20%節約され、発電所の収益は最​​大30%増加します。

「グリーンエネルギー」を強調しているだけあって、Litionは環境に優しいものです。アプリのデモが示しているように、Litionユーザーは風・太陽光またはバイオマスのカテゴリから選択して、最も好きなプロバイダを選択することができます。

ユーザーが購入したいエネルギーを見つけたら、Lition社にユーロで支払いを行います。その裏側では、スマートコントラクトがこの支払いを検出し、自動的に顧客にエネルギーを送ります。

Litionのブロックチェーン技術は、消費者がエネルギー配分ブローカーのすべてを迂回することを可能にする透過的なスマートコントラクトを採用することにより、あらゆる規模のグリーンプロデューサーから直接エネルギーを購入するプロセスを簡素化します。

現時点では、ユーザーはLitionのライセンスを受けているドイツ人である必要があります。 Litionの市場を使ってエネルギーを購入することに興味のある人は、Litionのウェブサイトで質問することができます。Litionのウェブサイトには、ユーザーの郵便番号に基づいた価格見積もり機能もあります。

しかし、Lohwasser氏はこれがすべて大きな目標のための概念の証明であると考えています。

将来的には、この分散型の方法でエネルギーを直接購入することができるようになります。例えば、近隣の住民によって設置された小さな太陽熱発電所からでも可能性があります。

Litionは、プライベート・パブリックのブロックチェーンを追求するために、エネルギー使用以外の用途にも使用されるよう、年内に独自のICOを立ち上げる予定です。