最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号通貨(仮想通貨)ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

Bank of Americaの法人口座における仮想通貨の保管方法とは!?

Bank of Americaの法人口座における仮想通貨の保管方法とは!?
2018年11月29日

Bank of Americaに授与された特許は、エンタープライズレベルの機関が、顧客の所有する仮想通貨をどのように保管できるかを概説しているものです。

米国特許商標庁によって授与されたこの特許は、これらの機関で、より幅広い採用が見込まれる場合に顧客のために仮想通貨を保管したいと考えられています。

仮想通貨・仮想通貨取引所に関連するサービスを提供していきたいと検討している企業は、近年ますます増えています。これらの事業の一部は、通貨の預金を仮想通貨に変換して保持する必要があり、この特許が役に立ちます。

これらの資金を確実に保持するためには、企業は仮想通貨を格納できる単一のエンタープライズレベルアカウントを使用することを望むでしょう。

企業は毎日多数の金融取引の処理をしていますが、技術が進歩するにつれて、仮想通貨を含む金融取引がより一般的になってきています。一部の企業では、企業アカウントに顧客が保管した仮想通貨を集約することが望ましい場合もあります。

その目的のために、銀行のシステムは、いくつかの仮想通貨の保有に関連するシークレットキーを格納するためのプロセッサとメモリを含んでいます。 この特許により、このシステムがどのように保有物を保管し、承認されたときに取引を容易にすることができます。

このシステムは、より少ない処理能力とメモリを使用するという点で多くのメリットをもたらします。

顧客が彼らの資金で取引を可能にするために、システムは顧客に特定の口座へのアクセスを許可します。 彼らは、口座を介して直接的に仮想通貨を使用してトランザクションを実行することができます。

この特許は、最近のBank of Americaにとっては最新のものです。 先月末に発行された特許で、Bank of Americaは、ハードウェア・デバイス上の仮想通貨(仮想通貨に結びつけられたものを含む)を格納する手段を示唆していました。