最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号通貨(仮想通貨)ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

仮想通貨保険市場が、60億ドル以上の市場になる可能性も

仮想通貨保険市場が、60億ドル以上の市場になる可能性も
2018年12月7日

ウォール街が仮想通貨への投資金額を上げる事により、大規模な機関投資家がこの新しい資産クラスを回覧し、独自の要件を築いています。

例えば、従来の規制されている金融分野のように、投資家が投資するこれらの資産を保有する資格のあるカストディアン(投資家に代わって有価証券の管理[カストディ]を行う機関)が必要です。そして、すべての保護された資産の盗難に対して十分な保険を提供することが必要です。問題はこの保険が十分に行き渡っていないことです。

保険業界は不透明な市場ですが、業界が仮想通貨カストディアンや取引所に提供したいと考えているカバレッジの見積もり合計額は、60億ドルを上回り、トップ3の取引所がそれぞれ1日に10億ドル以上を取引していることを考慮すると、すべての仮想通貨の総時価総額は140億ドルになります。

保険会社Aon Risk Solutions社のJacqueline Quintal氏は、「仮想通貨関連の犯罪保険の利用可能額は、需要に対し、著しく遅れています。株式や債券とは異なり、仮想通貨は動かすことができ、一度盗人がシークレットキーウォレットに入れたら、現金や宝飾品が金庫から盗まれたように、仮想通貨はなくなってしまいます。それらのことを考えると、金融機関が投資するためにも保険は重要です。」と語ります。

そして、2018年の弱気市場だったにもかかわらず、、仮想通貨は世界中の犯罪者の標的として残っています。大規模な機関が仮想通貨を保有するのは、リスクを複合化するだけです。

保険業者が関与するモデルに関しては、損失とクレームの歴史の点から見ても、実はほとんど前進していません。

法律事務所のアンダーソン・キルのワシントンD.C.事務所のパートナーであるDaniel J. Healy氏は、「ブロックチェーン関連の損失が発生した場合に適用されることが予想される具体的な範囲があるということが、保険契約者数の増加に繋がっています。」と述べています。