最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

イーサリアムの考案者がバーゼル大学から名誉博士号を授与

イーサリアムの考案者がバーゼル大学から名誉博士号を授与
2018年12月19日

イーサリアムの考案者であるVitalik Buterin氏がバーゼル大学から名誉博士号を授与されました。

Buterin氏は、大学設立の年次祝典である”Dies Academicus”でのブロックチェーン開発に関する彼の事業と経済学部の認定を受けました。

ビジネス学部の教授であるAleksander Berentsen氏は、「Butterin氏のブロックチェーンの革新は、目を見張るもので、科学と産業がシナジーを生み出すことを目指している。」と述べており、発表では、同氏は、「時代のデジタル革命を形作る上で決定的な役割を果たした。非常に創造的かつ革新的な思想家として称賛されることはとても光栄だ。」と語りました。

さらに、Buterin氏のゲーム理論・経済的インセンティブ・ガバナンスに関する研究は、教授と革新的財務センターで共有されています。

「スイス最古の大学であるバーゼル大学から名誉博士号を取得したことを光栄に思っている。 スイスは革新的なブロックチェーン研究で有名だ。」

とButerin氏は述べています。

Buterin氏が19歳の時に書いた著書「Ethereum:次世代スマートコントラクトと分散型アプリケーションプラットフォーム」は、ソフトウェアアプリケーションの分散化のための画期的な技術になったと大学職員は語ります。

現在までの彼の研究は、学位と大学との関係なく出版されています。

最近では、イーサリアムが新たなアップグレード「ethereum 1x」を準備中であり、短期から中期的にプラットフォームを拡張することを提案しているというニュースが出てきています。