最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

未登録仮想通貨会社の投資スキームの規制変更とは

未登録仮想通貨会社の投資スキームの規制変更とは
2019年1月18日

日本の金融規制当局は、未登録の投資会社が現金ではなく、仮想通貨で資金を募ることを可能にする法的な抜け穴を閉鎖しようとしていると伝えられています。

産経新聞の報告によると、日本の金融庁(FSA)は、そのようなスキームを国の金融商品取引法の下で行うための改訂を計画しているが、変更のスケジュールは示されていないそうです。

現在のところ、この法律は未登録のスキームが金融市場に投資することを禁じていますが、仮想通貨については言及していません。

この問題は、国内での暗号ピラミッド方式の出現率の上昇を受けて、ウォッチドッグから注目が集まっていると伝えられています。 去年11月に、東京の警察は何千人もの犠牲者から78億円の仮想通貨を集める計画を実行したと主張される8人の男性を逮捕しました。

産経新聞は、「詐欺行為が仮想通貨のみを求めていたのであれば、犯罪者が逮捕されなかった可能性がある。」と当局者に述べています。

日本の金融庁は、2014年のMt Gox取引所の崩壊に続く衝撃波以来、仮想通貨の分野を積極的に規制してきました。

去年末に、「政府機関は暗号交換ファンド(ETF)の承認を検討している。」と報じられました。 同時に、商品が投機を助長する恐れがあるため、金融取引所における暗号デリバティブの取引を承認する計画を明らかに中止しました。