最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号通貨(仮想通貨)ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

仮想通貨FXを一から学ぶチャンス!外国為替FXとの違いとは?

仮想通貨FXを一から学ぶチャンス!外国為替FXとの違いとは?
2019年2月4日

「仮想通貨FXをはじめたいけど、為替のFXとの違いって何?」

「仮想通貨FXは、簡単に稼げる?」

このように、仮想通貨FXを始めるかどうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨FXは、レバレッジがかけれるので現物取引よりも少額から利益を得やすく、さらに値動きが小さく少額のプラスを勝ち取り続けないといけないためプロでないと大金を得るのが難しい外国為替FXよりも、値動きが大きいと1度でも大きい値動きの右上がりで大金が得られるため、素人でも稼ぎやすいといえます。

この記事では仮想通貨FXと現物取引の違いから、外国為替FXとの比較、そしてどういった人に仮想通貨FXが向いているのかについてご紹介しています。

 

ビットコインで稼ぎたいなら仮想通貨FX

 

ビットコインの投資方法には直接コインを保持する「現物取引」と、コインを使ってトレードをする「証拠金取引」の2種類があります。

仮想通貨の投資といえば、コインチェックビットフライヤーなどで仮想通貨を直接保持して、その時価が上昇することで利益が発生する「現物取引」が一般的です。

一方、「証拠金取引」は仮想通貨を利用したFXのことで、主にビットコインと米ドル、もしくはビットコインと日本円の価格変動を利用して利益を得る運用方法です。

仮想通貨FXをはじめとした株取引や為替FXなどの証拠金取引には「空売り」という取引の方法があります。

現物取引とは異なり、ビットコインの価格が下がっても空売りすることで利益を得ることができます。

さらに、証拠金取引には入金している金額以上の額で取引できる「レバレッジ」がかけられます。

中には最高で100倍のレバレッジがかけられる取引所も存在し、例えば実際には1BTCしか持ってなくても100BTCあると仮定して取引ができます。

つまり、ビットコインの価格が上がろうと下がろうと儲けを得られ、少額からでも利益が狙える点が、仮想通貨FXと現物取引の違いです。

ビットコインで稼ぎたいなら現物取引よりも証拠金取引ができる仮想通貨FXがおすすめです。

 

仮想通貨FXの市場はまだ小さく不安定

 

ビットコインの価格変動は、為替の価格変動と比べて非常に小さくて不安定です。

なぜなら、ビットコインの市場規模が為替取引の市場規模と比較してごくわずかなものだからです。

日中、ビットコインの値動きはほとんどないと言ってもいいでしょう。

しかし、市場規模が小さいために、ビットコインの売買が多く行われた時に値動きが一気に激しくなります。

ビットコインの相場は、一定の規則性はあるものの、為替取引よりも読みづらく不安定なチャートを形成します。

値動きが大きい時では、1日で10万円以上も上下することがあります。

1週間で1〜2円程度しか動かない米ドル・日本円と比べると、その価格差が非常に大きいことがわかるかと思います。

 

仮想通貨FXは稼ぎやすいが危険

 

仮想通貨FXは、その値動きの特性を生かせばうまく稼ぐことができます。

通常のFXよりも不安定な値動きですが、一定の増減の傾向はあるため、知識と経験があれば安定的に稼ぐこともできます。

FXで稼ぐために大切な考え方として、小さな損失を繰り返して、一発ドカンと利益を取る「損小利大」というものがあり、仮想通貨FXには、それがぴったりと当てはまります。

そのため、トレーダーにとっては基本的に通常は値動きが小さく、ふとした瞬間に一気に大きな価格変動が起きる仮想通貨FXは稼ぎやすいと言えます。

しかし、逆に捉えればチャートの予測ができなければ、一気に資金を失う危険性があるということです。

高いレバレッジがかけられる仮想通貨FXですが、安定して利益を狙うのであれば、常に2〜3倍のレバレッジでコツコツと利益を重ねていく方法が妥当でしょう。

 

仮想通貨FXはおすすめ?

 

仮想通貨FXは、FX中級者〜上級者におすすめです。

FXの取引方法や基礎知識がなく、しっかりと分析ができない方は、急な値動きに対応できない可能性があるので、未経験者が初めから挑戦するのは危険です。

すでに為替取引の知識があり、FXでも結果が残せている方は仮想通貨FXに挑戦してみてはいかがでしょうか?

大きな価格変動が起きると、為替相場よりも大きな価格差が生まれるので、チャートの流れが予測できる方は外国為替FXよりも稼ぎやすいでしょう。

しかし、外国為替の相場とビットコインの相場とは雰囲気や癖が異なるので、まずは少額から取り組むことをおすすめします。

 

仮想通貨FXには「ドテン」が有効

 

仮想通貨FXを始めると「ドテン」という言葉を耳にすることが多くなります。

ドテンとはこれまで保持していたポジションを決済して、同時に逆のポジションを取るエントリー手段のことです。

売りポジションを決済して買いポジションを取り直すことをドテン買い、買いポジションを決済して売りポジションを取り直すことをドテン売りと言います。

つまり、ドテンとは思惑とは逆方向に値動きが動いたので、損切りをして今のトレンドにポジションを合わせる取引方法です。

通常のFXでも利用される手段ですが、仮想通貨FXは特に値動きが不安定なのでドテンを利用する機会が多くあります。

仮想通貨FXを始めるなら「ドテン」を知っておきましょう。