最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

BitTorrentトークンは、一時的にICO価格の6倍近くに

BitTorrentトークンは、一時的にICO価格の6倍近くに
2019年2月15日

BitTorrent Token(BTT)の価格は、ICO時の価格の約6倍まで一時的に値上がりしました。

Binanceの情報によると、同社のトークン販売プラットフォームを通じ、1月28日に1BTT=0.000122ドル(約0.013円)で598億枚のBTTトークンが販売されたとの事です。

Coinmarketcapのデータによれば、2月4日だけで40%近く、BTTは現在0.000798ドル(約0.088円)という高値で取引されています。

トークンセールは数分で終了し、技術的問題で購入できなかったユーザーからは苦情が出ました。この技術的な問題を補うために、BitTorrent財団はICOに参加できなかった各ユーザーに5,000トークンのエアドロップを行いました。

トークンの売却は、昨年の夏にBitTorrentがTronに買収されてから数か月後、そしてBitTorrentのピアツーピアファイル共有技術と統合される新しい仮想通貨が発表されてから数週間後に行われました。

その買収は批判と一部のスタッフの撤退につながり、BitTorrentトークンの発表は同様に批判のシェアを引き付けました。

トークンの販売以来、多くの仮想通貨取引所がBTTを取引しています。 これまでの最大のトークン市場はUpBitとBinanceで、これらは過去24時間のBTTの総取引量2億7000万ドルの90%以上を占めています。

より広い仮想通貨市場の現状を考えると、BTTの最近の業績は突出しています。 ICO以来、BTTの7日間のリターンは600%近くを記録しています。これとは対照的に、CoinDeskの価格データによると、ビットコインの価格は1月28日の始値から3%上昇しています。