最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

バレンタインにランジェリーをビットコインで購入

バレンタインにランジェリーをビットコインで購入
2019年2月25日

皆さん、今年のバレンタインはどうでしたか?

バレンタインデーを祝うための最もサイファーパンクな方法は、ビットコインで下着を買うことかもしれません。

Panties.comの創設者Lila Williams氏は、「ビットコインを採用し始めてから、毎月少しではあるが、ビットコインでの支払いを受けている。」と語りました。

このバレンタインデーのシーズン、Panties.comでは、ビットコインで支払われるすべての商品に対して15%割引と無料のペアのレースの下着をもらうことができるキャンペーンを実施していました。

ビットコインファンの中には、自分の仮想通貨をアパレルに使うことに消極的な人もいるかもしれません。それでも特にランジェリーというものは、熱狂的ファンにとってはまるで優れた職人技への投資のような、ジュエリーに似た買い物と見なされることが多くあります。

ビットコインが投資であるとするならば、こういった会社の商品をビットコインで買うことは、女性へ投資する一つの方法であるとも言えるでしょう。

このより広くダイナミックな業界を語るのは、イーサリアムベンチャースタジオConsenSysの卒業生で現在ランジェリーブランドKalaのCEOであるRebecca Migirov氏です。「業界は、製品の面で女性主導の革命を見ている。」と語りました。彼女によると、仮想通貨の採用は、消費者が市場に需要があることを示すことです。

だからこそ、デジタル通貨協会の会員であるRick Shaddock氏は、「下着に使用されるレースには、ボラティリティがないため、2017年12月のピーク時に購入したビットコインを使用して記念日に妻へ下着を購入した。」と語りました。

特にブラジャーは、大量生産が困難で手作業で部分的に組み立てられなければならないため、アメリカのランジェリー業界は物議を醸す労働慣行を持つ企業によって広く支配されています。

例えば、世界中で大人気のVictoria’s Secretは、安い刑務所労働と児童労働に依存していると一部で伝えられています。倫理基準は高いが企業の力が弱いランジェリー企業は、Patreonのような購読サイトからGoogleやInstagramのようなデジタルポータルまで広告の検閲問題に直面しています。

Panties.comの創設者Williams氏は、次のように述べています。

「Google広告に問題を抱えていることに加えて、Facebookは頻繁に彼女の会社の広告を禁止し、写真に控えめなサテンのローブとナイトガウンの女性が映っていても性的内容とラベルを付けているのが現状である。」

Migirov氏が運営するKalaは、同じようにInstagramのようなソーシャルメディアプラットフォームを通じて買物客を獲得することに問題を抱えています。Instagramは、ニッチなランジェリー広告をポルノとして誤って表示することがよくあります。そのため、Migirov氏は、そう言った理由から、ランジェリー業界はスムーズなビットコイン支払いオプションを備えた検閲耐性プラットフォームから恩恵を受けることができると語りました。

Williams氏とMigirov氏の共通して述べる問題は、ランジェリー業界が特にネットの技術に精通していないということです。 OpenBazaarやAdLedgerのような仮想通貨に適した小売プラットフォームが主流のオーディエンスに人気を集めるまで、Webサイトはブティックの広告と販売を制限する可能性がありました。

Williams氏は、ランジェリー業界での33年間の経験について語り始めました。最初にWebサイトを立ち上げ、次に競合他社の大部分よりも先にクレジットカードによる支払いを受け入れました。

Williams氏は、仮想通貨技術がもっとユーザーフレンドリーになれば、いつの日か彼女自身のビットコイン支払いに興味がでるかもしれないと語りました。

ビットコインの問題の1つは、送信先を間違えるようなことがあれば、それはもう戻ってこないという点です。解決方法は、今のところありません。

従来のクレジットカードプロセッサを使用した場合、彼女は毎月75ドルの月額料金に加えて、毎月クレジットカード決済の3%以上の収入を支払います。この金額は、BitPayの平均1%の取引料金を小さい金額に感じさせます。

BitpayやShopifyのような問題が発生しても安心できる保証を提供するペイメントプロセッサを通し、過去6ヶ月間にいくつかのプラグアンドプレイやビットコインノードデバイスが出現し、これまでにないネットワーク料金を削減することができるようになりました。

ランジェリー業界全体では、暗号技術の採用は遅いかもしれませんが、それは着実に進んでいます。