最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

HTCのExodusブロックチェーンスマホが現金購入可能に

HTCのExodusブロックチェーンスマホが現金購入可能に
2019年3月7日

台湾の家電メーカーHTCは、ブロックチェーンスマートフォンをより幅広く利用できるようにしています。

以前はビットコインまたはイーサリアムでのみ購入可能だったHTC EXODUS 1は、米ドルやその他の通貨で購入することが可能になりました。

バルセロナで開催されたMobile World Congressで2月26日に発表された同社の商品は、携帯電話で利用できる仮想通貨の範囲が広がり、litecoinBNBトークンも含まれるようになりました。

HTCのDecentralized chief officerであるPhil Chen氏は、現在699ドルのこのスマートフォンはオンライン上のみで販売されていますが、今後は各携帯電話会社の店舗でデバイスの販売を開始する可能性があると述べたが、これらの携帯電話会社との話し合いはまだ早い段階にあります。

以前からこの打ち合わせは行われていましたが、Mobile World Congressに参加する理由の一部して、上記の会話が挙げられます。

HTCはまた、2月26日に、EXODUSとOpera Browserウェブブラウザを統合することを発表しました。これは、顧客が仮想通貨の使用方法を合理化するためのものです。

仮想通貨をZionモバイルウォレットアプリにロードする顧客は、Opera Browserまたはデバイス自体に、分散アプリケーション(dapp)を使用してWebサイトでマイクロペイメントを実行できるようになります。

Chen氏は、EXODUSはWeb 3.0の動きをサポートするために構築されたと説明します。ある時点で、彼はOpera Browserが開始になった状態で、最も人気のあるdappの80%が携帯電話にロードされることを望んでいます。

声明の中で、Opera Browserの責任者Charles Hamel氏は、「EXODUSと提携し、暗号化の有用性とセキュリティのための新しい標準を一緒に定義したことを誇りに思っている。」と述べました。

私たちは、Webに新しい黎明期を迎えています。新しい分散型サービスが現状のサービスに挑戦しようとしています。 HTCとOpera Browserはどちらも、この変革を推進して可能にする最初のものになるという大胆な決断を下しました。

Chen氏は、「ユーザーの仮想通貨を保護するために、このスマートフォンには信頼できる実行環境として一般に知られている一種の壁に囲まれた場所がある。」と述べました。

ユーザーはウォレットをインターネットに接続することができます。この信頼できる環境はコールドストレージではありません。

同氏は、「しかしこれは、電話のオペレーティングシステムはウォレットと対話することができないため、電話自体を侵害することができる悪意のある者から保護することを可能にする。

そしてユーザーがシークレットキーをなくした場合、Chen氏は、昨年発表されたHTCのソーシャルキー回復システムに頼ることができる。」と述べました。

デバイスのSocial Key Recovery(データ保存のセキュリティを確保するもの)設定では、ユーザーは少数の連絡先を選択してデバイスのシークレットキーの一部を受け取ることができます。デバイスを紛失した場合やアクセスできない場合、ユーザーは各連絡先からキーの一部を復元できます。

Chen氏は、「Social Key Recoveryの解決策は、私もそれが本質的な解決方法だと思います。」

「デバイスやシークレットキーを紛失したりした場合、これは根本的な問題でした。この場合、携帯電話を紛失した場合はどうなりますか。私たちがあなたのシークレットキーにアクセスすることも、それらをサーバーに保存することもなく、シークレットキーを分割するという解決策を考え出すことは、私たちにとって大きな進歩でした。」と語ります。

同氏は、HTC EXODUSに野心的な目標を設定しています。彼は2019年末までに100万台を出荷することを望んでいます。(比較参考として、HTCは2017年に全体で約980万台のスマートフォンを販売しています)

先週、サムソンは、同社の新しい主力製品であるGalaxy S10に、ブロックチェーンキーの安全な保管をサポートすることを発表しました。 EXODUSとは異なり、このデバイスは、多くの販売量を誇ります。

ただし、Galaxy S10の価格は大幅に高くなり、基本モデルの価格は899.99ドルです。 最も安い変種であるGalaxy S10eは749.99ドルで売られていますが、それでもEXODUSよりも50ドル高い価格設定です。

さらに、EXODUSに独自の分散型キー回復システムがある場合、サムソンは、会社の「Find My Mobile」サービスを介してデバイスに保存されているシークレットキーをバックアップします。

ブロックチェーンの新興企業も自社デバイスを販売しており、Sirin LabsはFinneyを999ドルで販売しており、Electroneumは2月25日のMobile World CongressでM1スマートフォンを発表し、80ドルという価格設定の製品で発展途上地域をターゲットにしています。

今後、ますます携帯電話市場の競争は激しくなっていくことが予想されます。

 

※関連記事「分散化された通信ネットワークによって、通信会社を必要としない携帯電話が生まれる」