最新のICOや仮想通貨ニュースなど熟練者の方向けのニュースまで幅広く情報を取り扱っております。
最新の暗号資産ニュースやICO関連情報など、初心者にも分かりやすくお届けします

韓流スターがブロックチェーンスタートアップに投資

韓流スターがブロックチェーンスタートアップに投資
2019年3月29日

「冬のソナタ」で有名な韓国の人気俳優ペ・ヨンジュン氏が、ブロックチェーンの水産物業界のスタートアップのSemon社に投資しました。

 

Seamon社はブロックチェーンを利用した、水産物のスマートコントラクトシステムを開発しているスタートアップで、このプロジェクトは「世界の水産物取引を可能な限り透明にし、不必要な経費を削減し、そしてより早くより安全な国際取引を達成する」ということを目的としています。

同社の代表であるのLee Jung-hoon氏によると、ペ・ヨンジュン氏が長年水産物をはじめとした食品業界に興味を持っていると知り、当初はプロジェクトのアドバイザーとしての参加を依頼したが、投資家として参加したいという当人の意向を受けて今回の投資に至ったとしています。

ペ・ヨンジュン氏の純資産は1億3,500万ドル(約150億円)とも言われており、これまでも様々な事業への投資したことが報じられていましたが、ブロックチェーンスタートアップへの投資は今回初めてです。

Lee氏は、具体的な投資額は明らかにはしなかったものの、今回の投資がいわゆる「名義貸し」のような少額のものではなく、数百万円以上であることをあること語っています。

 

また、同社はスマートコントラクトシステムの開発に並行して、Seamon coinと呼ばれる仮想通貨を作成しており、ホワイトペーパーによれば、今年の第3四半期または第4四半期には、水産物取引市場向けにSeamonXと呼ばれる取引所を立ち上げる計画です。

水産物は足が早いというその性質上、入金後の発送という取引形態が取りにくいため、どうしても品物が先に発送することになります。このため支払いの遅れや未払いと行った問題が常につきまとっています。取引所のSeamonXが実現すれば、水産物の代金をSeamon coinでリアルタイム決済できるようになるため、こうした課題が解決できます。

またLee氏によると、Seamon coinは米ドルとペッグしているstable coinテザー(USDT)のようにすること価格の乱高下を防ぐつもりであるとしています。

 

SeamonコインはすでにBCEX取引所にティッカーシンボルをSMEXとして上場されています。 また、3月25日から約50億ウォン(4億4200万ドル)のエアドロップも行われました。